Rakuten infoseek

辞書

停車場【テイシャジョウ】

デジタル大辞泉

ていしゃ‐じょう〔‐ヂヤウ〕【停車場】
1」に同じ。古めかしい言い方。ていしゃば。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ていしゃ‐ば【停車場】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ていしゃじょう【停車場 station】
鉄道施設のうち,列車を発着させて,旅客の乗降,貨物の積卸し,列車の待合せ,行違い,車両の入換え,列車の組成などを行う施設の総称。停車場には,運転上必要なさまざまな業務機関として機関区,電車区保線区,電気区などが配置される場合が多く,鉄道の輸送業務の基地とも称すべきものである。停車場をその業務内容によって,列車を停止させ旅客または貨物の取扱いを行う,もっぱら列車の組成または車両の入換えをする操車場,列車の行違い,待合せをするための施設で,旅客,貨物は扱わない信号場の3種に分類することもあるが,一般には駅のことを停車場という場合が多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ていしゃじょう【停車場】
駅の古い言い方。ていしゃば。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ていしゃば【停車場】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

停車場
ていしゃじょう
駅、信号場、操車場をさす鉄道用語。「鉄道に関する技術上の基準を定める省令」(平成13年国土交通省令第151号)に「駅、信号場及び操車場をいう」と定義されている。
 同省令では、駅とは旅客の乗降または貨物の積み下ろしを行うために使用される場所、信号場とはもっぱら列車の行き違いまたは待ち合わせを行うために使用される場所、操車場とはもっぱら車両の入換えまたは列車の組成(編成)を行うために使用される場所と、それぞれ定義されている。[大澤伸男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ていしゃ‐じょう ‥ヂャウ【停車場】
〘名〙 (station の訳語) 列車・電車などの発着、旅客の乗降、手荷物・貨物の積卸し、列車編成、車両入れ換えなどのために設けられた施設。駅。ステーション。ていしゃば。
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉付録「這(こ)は是れ仏国巴里府の停車場(テイシャヂャウ)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ていしゃ‐ば【停車場】
〘名〙 (station の訳語) =ていしゃじょう(停車場)
※風俗画報‐五三号(1893)漫録「一番汽車にうち乗り新橋の停車場(テイシャバ)を立出でぬ」
[語誌]「ステーション」は、「停車場」が用いられる以前から使われていたが、明治中期からは「停車場」にとってかわられた。昭和になると「駅」が一般的となる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

停車場」の用語解説はコトバンクが提供しています。

停車場の関連情報

他サービスで検索

「停車場」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.