Rakuten infoseek

辞書

偏頗【ヘンパ】

デジタル大辞泉

へん‐ぱ【偏×頗】
[名・形動]《「へんば」とも》かたよっていて不公平なこと。また、そのさま。
「少し―な僻論であると私には思われた」〈寅彦・自由画稿〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

へんぱ【偏頗】
名 ・形動 [文] ナリ 
へんばとも
考え方や立場などが一方にかたよっていること。不公平なこと。また、そのさま。 何方どちらを贔負ひいきするなんて、-な考は有つてませんわ/魔風恋風 天外

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

へん‐ば【偏頗】
〘名〙 (形動) (「へんぱ」とも) かたよって不公平なこと。えこひいきすること。また、そのさま。
※東大寺文書‐康保元年(964)一一月二三日・伊賀国夏見郷薦生村刀禰解案「而依偏彼寺任意符告、無由辨定、阿容偏頗已以多端」 〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※信長記(1622)一五上「主人たるものは、何事も贔屓偏頗(ヘンバ)あるべからず」 〔晉書‐熊遠伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

偏頗」の用語解説はコトバンクが提供しています。

偏頗の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.