Rakuten infoseek

辞書

偏角【へんかく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

偏角
へんかく
declination
地磁気の3要素の1つ。地磁気の水平分力の方向地理学的北極 (または南極) とのなす角度。すなわち地磁気子午線と地理学上の子午線とのなす角度。偏角の測定は方角を知るうえで最も簡単で正確な方法を与えるので,古くから世界各地で測定がなされている。ハレー彗星で有名な天文学者の E.ハレーはすでに 1702年に全世界の偏角図を発表している。現在東京付近での偏角は約6°西 (磁針の向きが北に対して西のほうへ6°傾く) である。しかしこの値は時代とともに変化し,1600~1700年代には東京 (江戸) における偏角は6~4°東であった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

偏角
へんかく
angle of deviation
プリズムによる光の屈折において,入射光線反射光線とのなす角。ふれの角ともいう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

偏角
へんかく
argument
平面上の点を,極座標で,極 (原点) からの距離 r と方向 θ で表わすとき xr cos θ,yr sin θ になる。この角 θ のことを偏角という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

へん‐かく【偏角】
複素数を複素平面上の点で表すとき、動径と実軸とのなす角。
磁石の針が指す南北の線と、地球の実際上の南北の線すなわち子午線とのなす角。方位角。「偏角儀」
プリズムによる光の屈折における、入射光線と射出光線のなす角。プリズムの頂角屈折率によって異なる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

へんかく【偏角】
(1)地磁気の偏角declination 地磁気の水平分力(水平磁力ともいう)の方向と水平面の北の方向との間の角。地磁気(2)光学系の偏角angle of deviation プリズムに入射した光は屈折されて出てくる。この入射光と透過光のなす角を偏角という。プリズム(3)複素数の偏角argument(amplitude) 複素数α=abi(a,bは実数,iは虚数単位)の絶対値r,x軸の正の方向とベクトルのなす角をθとすれば,αは, α=r(cosθ+isinθ)と表される(図)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

へんかく【偏角】
基準の方向からふれた角。
複素平面上で複素数を表す点と原点を結ぶ直線が実軸となす角。
プリズムで、入射光線と透過光線のなす角。振れの角。
航空機で、機体の向きと進行方向のなす角。偏流角。
地磁気の水平磁力の方向と子午線のなす角。すなわち、磁針の指す北の方向と地理学上の北の方向のなす角。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

偏角
へんかく
declination
地磁気の方向で、真北から水平に東向きに測った角度。水平面からの地磁気方向のずれは伏角(ふっかく)である。かつて航海などの目的に広く用いられた羅針盤(マグネティック・コンパス)は、水平面内の地磁気の方向を簡単に測定するものである。磁気図などで、船がいる場所の付近での偏角の値が詳しくわかっていれば、六分儀などで求めた緯度の値と羅針盤で求めた偏角の値から、位置座標(緯度、経度)を推定することができた。[河野 長]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

へん‐かく【偏角】
〘名〙
① 一定の基準方向からのかたより、傾きを表わす角をいう。方向角。傾角
② 数学で用いる語。
(イ) 複素数を複素平面上の点として表わすとき、この点と原点とを結んだ直線が実数軸の正の方向となす角のこと。
(ロ) 平面上の点の極座標(γ, θ)におけるθのこと。
③ プリズムなどで光が屈折するとき、入射光線と透過光線のなす角。ふれの角。
④ 磁気子午線と地理的子午線のなす角。すなわち磁針のさす北と地理上の北とのなす角。方位角

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

偏角」の用語解説はコトバンクが提供しています。

偏角の関連情報

他サービスで検索

「偏角」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.