Rakuten infoseek

辞書

偏西風【へんせいふう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

偏西風
へんせいふう
westerly
中緯度地方を年間を通じて卓越して吹く定常的な西寄りの風。亜熱帯高圧帯から温帯低圧帯に吹く風で,地球の自転による転向力(コリオリの力)のため西寄りの風となる。風は上空ほど強く,圏界面付近で最大になる。これがジェット気流である。北半球では偏西風は冬に発達し,平均風速が 80m/sにもなり,位置も南へ下がる。夏は北緯 50°付近まで北上し風も弱まる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

偏西風
極を中心にして北緯約20〜60度の範囲の上空を西から東に向かって帯状に吹く風。北半球では冬に最も強い。風速の極大を示すジェット気流は時に秒速100mを超す。夏は北緯50度付近で弱く吹く。地球を取り巻く偏西風の流れの型には3つある。(1)東西流型。大規模な寒気の南下はなく、天気は周期的に変わる。(2)南北流型。南下する所では寒波や低温が、北上する所では熱波や干ばつが起こりやすい。(3)ブロッキング型。偏西風が北と南に2つに枝分かれし、北に暖かいブロッキング高気圧、南に冷たい低気圧を作る。偏西風帯の気圧の谷の東進を阻止(ブロック)するブロッキング現象(blocking phenomenon)は、しばしば1週間以上も続き、異常気象をもたらす。
(饒村曜 和歌山気象台長 / 宮澤清治 NHK放送用語委員会専門委員 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

へんせい‐ふう【偏西風】
中緯度地方の上空を取り巻いて一年じゅう西から東に吹く風。南北両半球にあり、上空ほど速度を増し、圏界面付近では、その中に幅が狭く風速の特に大きいジェット気流が形成される。→大気大循環

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

偏西風
日本列島を含む中緯度地方の上空約五kmを、ほぼ西から東に向かって吹いている風。冬期に強い。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

世界大百科事典 第2版

へんせいふう【偏西風 westerlies】
対流圏の中の風で,赤道および極地の下層部を除いた地域で,極を中心にして,西から東へ向かって吹く帯状流のことをいう(図1-a)。また南北両半球とも季節を問わず中緯度の圏界面付近(高度約12km,気圧200hPa付近)に顕著な偏西風が吹いている。これはいわゆるジェット気流を平均的に表したものである。一般に上層では,風は気温の低い方を左手にみて等温線に平行に吹いている(これを温度風という)が,偏西風が卓越することは極側の低温を反映したものである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

へんせいふう【偏西風】
南北両半球の中緯度地帯の対流圏上層を帯状にとりまいて西から東へ吹く風。これにより、中緯度地帯では天気も西から東へ変わる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

偏西風
へんせいふう
南または北向きの成分をもちながらも、おおむね西から東に向かって流れる気流。この風の卓越する地帯を偏西風帯という。南北両半球の中緯度に卓越するため中緯度偏西風(帯)ともよばれる。緯度30~65度帯に卓越するが、冬は低緯度側に広がり、夏は高緯度に縮小する。この気流の存在は、雲、火山灰、気球などの動き、航空機が上空で受ける追い風、向かい風などから容易に認められる。また温帯や寒帯では、移動性の高い低気圧や台風、前線などが東進し、それに伴い天気も西から東へ移ることが多いが、これも偏西風の存在による。
 偏西風の成因は、高緯度と低緯度の温度差によって生じる気圧差(上空ほど著しい)と、地球回転の影響(転向力)に帰せられる。極を中心に中緯度帯の上空を一周する偏西風は、南北に蛇行して流れ、波動の性質をもつ。これを偏西風波動といい、また、この波動の本質を最初に解明した気象学者ロスビーの名をとってロスビー波という。偏西風波動には、波長が1万キロメートル前後の超長波、3000~8000キロメートル程度の長波、3000キロメートル程度以下の短波があり、それぞれ成因もふるまいも異なる。偏西風は蛇行することにより南から北へ暖気を、そして北から南へ寒気を運び、地球全体の温度を緩和する役割を果たしている。偏西風のもつもう一つの重要な性質は、その中にとくに風速の強い狭い区域、すなわちジェット気流帯を形成することである。日々の天気変化から季節変化まで、その特徴の多くは、偏西風波動とジェット気流のふるまいによって説明されることが多い。第二次世界大戦末期に日本軍が使用した風船爆弾は、この気流の動きを利用したものであった。[倉嶋 厚・青木 孝]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

へんせい‐ふう【偏西風】
〘名〙
① 西寄りの風。
② 中緯度地方の上空をほぼ西から東に向かって吹く風。中緯度高圧帯から極へ向かって吹く風が地球自転による転向力のために東に向きを変えて生じたもの。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

偏西風」の用語解説はコトバンクが提供しています。

偏西風の関連情報

他サービスで検索

「偏西風」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.