Rakuten infoseek

辞書

倭文【シズ】

デジタル大辞泉

しず〔しづ〕【倭文】
上代は「しつ」》カジノキなどを赤やの色に染め、や乱れ模様り出した日本古代織物綾布(あやぬの)。倭文布(しずぬの)。倭文織(しずお)り。しずり。しどり。
「ちはやぶる神の社(やしろ)に照る鏡―に取り添へ」〈・四〇一一〉
[補説]異国文様に対する意で、「倭文」の字を当てたという。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しつ【倭文】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しどり【倭文】
《「しずおり」の音変化。古くは「しとり」》「しず」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しとおり【倭文】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

しとり【倭文】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

わぶん【倭文】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しず【倭文】
上代はしつ
かじの木や麻などで青・赤などの縞を織り出した古代の布。しずぬの。しずはた。しず織り。しどり。しずり。あやぬの。 神の社に照る鏡-に取り添へ/万葉集 4011

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しつ【倭文】
しず倭文

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しどり【倭文】
上代はしとりしつおり(倭文織)の転
倭文しずに同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しず しづ【倭文】
〘名〙 (古くは「しつ」) 古代の織物の一種。梶木(かじのき)、麻などで筋や格子を織り出したもの。荒妙(あらたえ)。しずおり。しずぬの。
※万葉(8C後)一七・四〇一一「ちはやぶる 神の社に 照る鏡 之都(シツ)に取り添へ 乞ひ祈みて 吾(あ)が待つ時に」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しずり しづり【倭文】
〘名〙 (古くは「しつり」) 「しずおり(倭文織)」の変化した語。
※読本・雨月物語(1776)蛇性の婬「狛錦・呉の綾・倭文(シヅリ)・縑(かとり)・楯・槍・靱・鍫の類」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しつ【倭文】
〘名〙 ⇒しず(倭文)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しどり【倭文】
〘名〙 (「しつおり(倭文織)」の変化した語。古くは「しとり」) 古代の織物の一つ。梶木(かじのき)、麻などの緯(よこいと)を青、赤などに染め、乱れ模様に織ったもの。しず。しずぬの。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

倭文」の用語解説はコトバンクが提供しています。

倭文の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.