Rakuten infoseek

辞書

倭奴国王印【わのなのこくおういん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

倭奴国王印
わのなのこくおういん
天明4 (1784) 年,筑前 (福岡県) 志賀島から出土した金印。百姓甚兵衛が持田から発見。方形の印台にへび状の鈕を備え,総高 2.25cm弱,印台1辺 2.30cm強,厚さ 0.85cm弱,重さ約 108.7g。文字は隷書体で「漢委奴国王 (かんのわのなのこくおう) 」と刻まれている。『後漢書東夷伝にみえるの奴国の王が,光武帝に朝貢したときに賜わったものと考えられる。1世紀頃の日本と中国との関係を物語る重要な史料である。一部に私印説,偽物説もある。福岡藩主黒田家に伝えられ,現在は福岡市博物館に所蔵,国宝に指定されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

わのなのこくおういん【倭奴国王印】
後漢書》にみえる光武帝が建武中元2年(57),倭奴国王に贈ったとされる金印。1784年(天明4)2月23日,博多湾志賀島で百姓甚兵衛が水田を修理していたところ,二人持ちの大石が現れ,これを掘り起こすと金印が出てきたと伝えられる。当時福岡藩の藩校甘棠(かんとう)館の祭酒(校長)であった亀井南冥はこれを鑑定し,実物であることを主張,《金印弁》を著している。その後,金印は黒田家所蔵となったが,近年福岡市に寄贈された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

わのなのこくおうのいん【倭奴国王印】
1784年博多湾の志賀島しかのしまで出土した金印。蛇鈕だちゆう(ヘビ形のつまみ)のついた一辺約2.3センチメートルの正方形の印面に「漢委奴国王」の五文字が刻されている。57年、後漢の光武帝が、朝貢した倭奴国に印綬いんじゆを賜ったという「後漢書東夷伝」の記事に該当するものと考えられている。漢委奴国王印。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

わのなのこくおう‐の‐いん〔わのなのコクワウ‐〕【倭奴国王印】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

倭奴国王印」の用語解説はコトバンクが提供しています。

倭奴国王印の関連情報

関連キーワード

ティチング唐来参和メリーランド州会議事堂フランクリン邦アトウッド市民劇ツンベルクディドロブレー尻切

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.