Rakuten infoseek

辞書

倦怠【ケンタイ】

デジタル大辞泉

けん‐たい【×倦怠】
[名](スル)
物事に飽きて嫌になること。飽き飽きすること。「倦怠期」
心身が疲れてだるいこと。「倦怠感」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

けんたい【倦怠】
( 名 ) スル
あきていやになること。 「彼と相対するときは、-せしめざる程の事我掌中に在り/即興詩人 鷗外
心身がつかれてだるいこと。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うみ‐おこた・る【倦怠】
〘自ラ四〙 飽きておろそかになる。
※古活字本毛詩抄(17C前)一六「物をよくつとめて、ち共怠る事のないは、文王の令聞ぞ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けん‐たい【倦怠】
〘名〙
① 飽きておこたること。いやになってなまけること。〔文明本節用集(室町中)〕
吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉四「毫も倦の念なく〈略〉日夜団栗(どんぐり)のスタビリチーを研究し」 〔斉書‐虞玩之〕
② 心身が疲れてだるくなること。
※全九集(1566頃)三「小兎糸子円腎虚し、目まい耳鳴り、手足倦怠(ケンタイ)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

倦怠」の用語解説はコトバンクが提供しています。

倦怠の関連情報

他サービスで検索

「倦怠」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.