Rakuten infoseek

辞書

借用語【しゃくようご】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

借用語
しゃくようご
loanword
一つの言語体系の語彙に他の言語体系から加わった単語。他の言語体系というのが外国語であることが多いので,外来語と同じ意味で用いられることが多い。しかし,もっと広い意味で,現代語のなかに復活させた古語や,ある方言が他の方言から取入れた単語なども借用語ということができる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しゃくよう‐ご【借用語】
もともとは他の言語から取り入れられた語ではあっても、その言語に同化し、全く日常語化してしまっているような語。日本語における「さけ(鮭)」(アイヌ語)「だんな(旦那)」(サンスクリット)「きせる(煙管)」(カンボジア語)などの類。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゃくようご【借用語】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しゃくようご【借用語】
他の言語より借り入れ、自国語と同様に日常的に使われるようになった語。 → 外来語漢語

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

借用語
しゃくようご
他の言語あるいは方言から借り入れた語。他言語からの場合は「外来語」ともいう。受け入れ側の言語体系の一部となったと認められるものをいい、そうでない場合は「引用」として区別される。
 借用の動機のおもなものは二つ考えられる。一つは新しい文物に対して、それをさす語が自国語にない場合、原語をそのまま借り入れるもので、バター、チーズ、ユーモアなどがある。もう一つは、自国語がすでにあるのに、高度な外国文化にあやかるために借用するもので、英語からのゴージャス、フランス語からのオートクチュールなどがある。
 借用語は、発音の面でも意味の面でも変化を受けるのが普通である。フェミニストは、原語では男女を問わず女権拡張論者をさすが、借用語では女に甘い男性のみをさす。類義の自国語がすでにある場合は、ご飯とライスのように、意味分化がおこるのが普通である。
 比較言語学では語を材料にして音形の比較をするが、その際、借用語は慎重に排除される。そうしないと、日本語は中国語と同系統ということになりかねない。[国広哲弥]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゃくよう‐ご【借用語】
〘名〙 ある言語が他の言語から取り入れて、日常に用いている語。日本語における鮭(さけ)(=アイヌ語)・旦那(だんな)(=サンスクリット語)・更紗(サラサ)(=ポルトガル語)などの類。狭義には、テレビ、ファンなど、外来の意識のあるものについていう。漢語の多くは中国からの借用であるが、ふつうは他の借用語とは別に扱われる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

借用語」の用語解説はコトバンクが提供しています。

借用語の関連情報

他サービスで検索

「借用語」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.