Rakuten infoseek

辞書

【コウ】

デジタル大辞泉

こう【候】
《古く、中国で、1年360日を72等分した各5日間の称から》季候。時候。「残暑の」「秋冷の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こう【候】[漢字項目]
[音]コウ(漢) [訓]そうろう さぶらう
学習漢字]4年
〈コウ〉
ようすをうかがう。「伺候斥候
待つ。「候補
物事の表面に現れるようす。きざし。「症候兆候徴候
気象の状況。「気候測候天候
時節。季節。「候鳥時候
〈そうろう〉「候文居候
[名のり]そろ・とき・みよ・よし

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さう【候】
[動特活]そう(候)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そう〔さう〕【候】
[動特活]《動詞「そうろ(候)う」の音変化。中世語
あり」の丁寧語。あります。ございます。
「舜の時はさはさうなんだ」〈史記抄・一一〉
補助動詞として丁寧の意を添えるのに用いられる。…ます。…あります。
「腹帯(はるび)ののびてみえさうぞ」〈平家・九〉
「さてこそ第一は理、第二は智ではさうへ」〈西福寺本人天眼目抄・上〉
[補説](1) 活用形は、未然形連用形終止形連体形が「さう」、已然形命令形が「さうへ」。なお、命令形相当のものに「そひ」「そへ」もある。(2) 歴史的仮名遣いは「さふ」とも。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そろ【候】
[動特活]《「そうろう」の音変化》「ある」の丁寧。多く補助動詞として用いる。
「いかでか惜しからでそろべき」〈曽我・一〉
[補説]活用形は、未然形「そろは」「そろ」、連用終止・連体形「そろ」、已然・命令形「そろへ」。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

こう【候】
時候。季候。 「盛夏の-」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そい【候】
〔動詞「そう(候)」の命令形「そうえ(さうへ)」の転〕
「お…そひ」の形で、「お…なさい」の意を表す。 「いかに閻魔王、まつとお聞き-。語つてきかせう/狂言・朝比奈」 → そう(候)

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そう【候】
( 動特活 )
〔動詞「そうろう(候)」の転。中世以降の語〕
多く補助動詞として用いられ、話し手の表現に丁寧の意を添える。です。ます。 「腹帯ののびてみえさうぞ。しめ給へ/平家 9」 「余の方へをたづねさうへ/幸若・屋島軍」 〔活用は「さう・さう・さう・さう・さうへ・さうへ」。命令形「さうへ」に相当するものに「そひ」「そへ」の形もある〕 → そいそえ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぞう【候】
〔「に候そう」の変化した語〕
…です。…でございます。 「大黒とはあの馬の事-よ/幸若・屋島軍」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぞうろ【候】
( 連語 )

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そえ【候】
〔動詞「そう(候)」の命令形「そうえ(さうへ)」の転〕
「お…そへ」の形で、「お…なさい」の意を表す。 「閻魔王、もそつとおせめ-/狂言・朝比奈 虎寛本」 「所詮うたはせぬ調儀が有る。お直り-/狂言・二千石 虎寛本」 → そう(候)

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そろ【候】
( 動ハ特活 )
〔「そうろう(候)」の転〕
多く補助動詞として用いられ、話し手の表現に丁寧の意を添える。です。ます。 「さしあたる父母の御わかれ、いかでかをしからでそろべき/曽我 1」 「世上がゆかしくは御成りそろはんずらん/中華若木詩抄」 〔活用は「そろは(そろ)・そろ・そろ・そろ・そろへ・そろへ」〕
[句項目] 候べく候

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こう【候】
〘名〙
① 古く、中国で、時気の小変動があるとした一期間。すなわち、二十四節気を各三分、計七二に区分したその一区ぎり五日間の称。
※史記抄(1477)七「さて又五日為一候、三候為一気と云て」 〔素問‐六節蔵象論〕
② ある気候の特色をもつ時節。季候。
※平家(13C前)五「もはら季夏初秋の候にあたる」 〔王羲之‐問慰諸帖・下〕
③ 兆し。しるし。兆候。
※詩聖堂詩集‐二編(1828)二・山中雑題「老衲却云霖雨候、東風暁送海城鐘」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こう‐・す【候】
[1] 〘自サ変〙 (「こうず」とも) 貴人のそばに仕える。伺候する。奉仕する。さぶらう。はべる。
※保元(1220頃か)上「判官代に補して、上北面に候ずべき由、能登守家長して仰せられ」
[2] 〘他サ変〙 うかがう。時を見はからう。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「火勢頓に微微となり、白煙を驀起す、消防丁之を候し、管を執へて、戸内に進入し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さう【候】
〘自特活〙 ⇒そう(候)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さもらい さもらひ【候】
〘名〙 (動詞「さもらう(候)」の連用形の名詞化) 様子をうかがうこと。待機すること。
※万葉(8C後)六・九四五「風吹けば波か立たむと伺候(さもらひ)に都太(つだ)の細江(ほそえ)に浦隠り居り」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

す【候】
〘助動〙 (補助動詞「そうろう」の下略「そう」がさらに転じたもの) 動詞また形容動詞の連用形、助詞「て」などに付いて丁寧の意を表わすが、敬意は薄い。(あり)ます。
※歌謡・閑吟集(1518)「今朝の嵐は、あらしではなげにすよの。大井川の河の瀬のをとぢゃげにすよなふ」
※虎明本狂言粟田口(室町末‐近世初)「粟田口かはふ、あわた口かひす」
[語誌](1)「さうらふ(候)」は室町時代に話しことばとしては衰退し、いろいろな語形に転ずる。「す」もその一つで、「さうらふ」から「さう」「すう」を経て室町時代後期に生じた。
(2)動詞連用形に「す」「て‐す」と続くほか、体言に「に‐す」「で‐す」とも続く。江戸時代初期には、田舎風の、あるいは古めかしい語感を伴うとされた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そい そひ【候】
(動詞「そう(候)」の命令形「そうえ」の変化したもの) 「お…そい」で今の「…給え」にあたる。敬意はほとんどない。
※虎明本狂言・二千石(室町末‐近世初)「所詮うたはせぬれうけんをいたそう、おなをりそひ 太刀ぬく、下人なく主はらふ」
※虎寛本狂言・夷毘沙門(室町末‐近世初)「舅殿、御聞そい」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そう さう【候】
〘自特活〙 動詞「そうろう(候)」の縮約形。中世以降、多く補助動詞として用いる。一説に、助動詞ともする。「そうろう」に比べ、俗語的である。…です。…ます。→そうず〔連語〕
※平家(13C前)九「此河は西国一の大河ぞや。腹帯(はるび)ののびてみえさうぞ。しめ給へ」
※史記抄(1477)一一「ちっと用心をめされさうへ」
※寛永刊本蒙求抄(1529頃)一「文章かきたてをして、畧せしかと、思へともえ取りをきそうぬと云そ」
※四河入海(17C前)七「しけしげと上りし壮年の時も細々に上りさうし、今ははや」
[補注]活用形は、未然・連用・終止・連体の四形は「さう」の形、已然・命令形は「さうへ」の形。男性語といわれる。また、命令形「さうへ」に当たるものに「そひ」「そへ」の形もある。→そい(候)そえ(候)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そうえ さうへ【候】
(動詞「そう(候)」の命令形) ⇒そう(候)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そうら・う さうらふ【候】
〘自ハ四〙 ⇒そうろう(候)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぞうろ ざうろ【候】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そうろう さうらふ【候】
〘名〙 (「いそうろう(居候)」の略) 食客
※滑稽本・古今百馬鹿(1814)下「馴染の大夫の所へ往て、まづ食客(サフラフ)とはなりにけり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そうろう さうら・ふ【候】
〘自ハ四〙 (中古の「さぶらう(候)」が変化して、中古末か中世初期ごろから用いられるようになった語。歴史的かなづかいは、以前は「さふらふ」とされたが、今では「さうらふ」とするのが通説。→語誌(2))
[一]
① 伺候する相手や、存在する場所の主を敬って用いる謙譲語。貴人や敬うべき人のおそばに控える。伺候する。
※今昔(1120頃か)一六「怖し気なる音にて『候ふ』と答て、我が立頸を取て、引き持行く」
※徒然草(1331頃)二三八「かの聴聞の夜、御つぼねの内より人の御覧じしりて、さふらふ女房をつくりたてていだし給ひて」
※謡曲・舟弁慶(1516頃)「『いかに弁慶』『御前に候ふ』」
② 対話や消息文において、話しかたを丁重にし、聞き手を敬ったり、儀礼的に自己の品位を保ったりするのに用いる丁寧語。話し手側の存在をいう場合のものには、へりくだる気持の含まれることもある。あります。ございます。
※平家(13C前)四「あっぱれ、其馬はおととひまでは候し物を。昨日も候し、けさも庭のりし候つる」
[二] (一)②の性質の敬語を補助動詞として用いる。
① 補助動詞として用いる「ある」を、聞き手に対し、丁重に表現する。…(で)ございます。
※平家(13C前)四「小松殿、よい馬に鞍おいて、伊豆守のもとへつかはすとて、『さても昨日のふるまひこそ、優に候しか。是はのり一の馬で候。〈略〉』」
② 他の動詞に付いて、その動作を、聞き手に対し丁重に表現する。…ます。
※平家(13C前)九「いかにかうはうちとけてわたらせ給ひ候ぞ」
[語誌](1)この語は、漢字で「候」と書かれることが多く、また、かな書きも「さふらふ」の形であるため、「さぶらふ」か「さうらふ」かの区別がつけにくい。「日葡辞書」には「Sǒrai, rǒ, ǒta(サウラウ)」の見出しが、また、「ロドリゲス日本大文典」には諸所に「sǒrǒ(サウラウ)」の表記があり、その発音がはっきりわかるが、中世前期のものでは不明である。特に、(一)①の意のものは「さぶらふ」の可能性もあるが、しばらくここに収めた。
(2)歴史的かなづかいについては、「さうらふ」の確例はないにしても、「さうらふ」ならば語源的に関係の認められる「さぶらふ」または「さむらふ」との関係が、あり得べき音変化として解明できるが、もし「さふらふ」であったとすると音変化の説明に困難を生ずるという理由から「さうらふ」と推定する橋本進吉説によった。
(3)「さぶらう」との関係については「さぶらう」の語誌参照。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぞうろう ざうら・ふ【候】
〘連語〙 (「にそうろう」あるいは「にてそうろう」の変化したもの)
体言または活用語の連体形につく。…です。
※平家(13C前)九「佐々木殿の御馬候」
※謡曲・関寺小町(1429頃)「これは女の歌候ふか」
※ロドリゲス日本大文典(1604‐08)「アアラ ヲビタタシノ ゴホウガドモ zǒrǒya(ザウラウヤ)
② 「と」「は」「や」などの助詞につく。「ぞうろう」の上に、「…の状態で」「どのようなわけで」などの意をもつ、ある語句が略されたと考えられるもの。
※謡曲・烏帽子折(1480頃)「『烏帽子の所望に参りて候』『烏帽子のご所望と候ふや』」
[補注]ローマ字書き以外のものでは、よみが判然としないが、慣用的に「ぞうろう」あるいは「ぞうろ」とよまれ、用法からみても「そうろう」とは区別があったものと思われる。「ロドリゲス日本大文典」にも、ニテソロ・ニソロ・デソロ・ゴザソロと同じものとして、Mais (舞)その他同類の Monogataris (物語)には、ザウラウが使われる由の記述がみられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そえ そへ【候】
動詞「そう(候)」の命令形「そうえ」の変化したもの。敬意は低い。
※虎寛本狂言・朝比奈(室町末‐近世初)「いかほど成共おせめそへ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そろ【候】
〘自動特活〙 (「ぞろ」とも。未然形「そろは」「そろ」、連用・終止・連体の三形「そろ」、已然・命令形「そろへ」) 「そうろう(候)」の変化したもの。「ある」の意の丁寧語。多く、補助動詞として用いる。あります。…ます。
※米沢本沙石集(1283)四「思ひの外なる御事のそろける某しと申す者の女(むすめ)也」
※歌謡・松の葉(1703)二・恋づくし「思ひ寝の、心からなる夢ぞろか、または現かうつつなや」
[語誌](1)室町時代に、「さうらふ(ソウロウ)」から「そろ」と略されたものとも、「さうらふ」が「そろふ」をへて出現したものとも、「さうらふ」から「さう」への縮約化によって、新たに原形「ソウロウ」が意識され、それから再生産されたものともいわれる。室町時代末には書き言葉として用いられたようである。
(2)語頭濁音の「ゾロ」は室町時代から見られ、謡曲では「ゾーロ」「ゾーロー」と発音されていたと思われる。また体言に付く濁音形の「ゾロ」は歌謡に見られ、江戸時代初期の俳諧では「体言+候」(「なに候(ゾロ)か」「なに候(ゾロ)よ」)の形で俳言として用いられた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

候の関連情報

関連キーワード

ALFA-X360度評価モノコックボディ三角関数アラウンドパイロンフィギュアエイト恒星月位相角(図形)軽自動車

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.