Rakuten infoseek

辞書

【バイ】

デジタル大辞泉

ばい【倍】
[名]ある数量を二つ合わせた数量。2倍。「の分量」「にして返す」
[接尾]助数詞。同じ数を重ねて加え合わせる回数を表すのに用いる。「三」「一〇

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ばい【倍】[漢字項目]
[音]バイ(呉)
学習漢字]3年
同じ数量を重ねること。「倍加倍増倍率/数倍・層倍
ます。ふやす。「倍旧
[名のり]ます・やす
[難読]安倍川(あべかわ)五倍子(ふし)倍良(べら)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ばい【倍】
[0]
ある数量を二つ合わせた数量。二倍。 -の時間がかかる お礼を-にして返す
接尾
助数詞。同じ数を重ねて加え合わせる回数を表すのに用いる。 一・五- 一〇-

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ばい【倍】
[1] 〘名〙 ある数量を二つ合わせた数量。二倍。
※交隣須知(18C中か)三「倍直 ネダンガ タコフテ ドウテモ リヲ バイモ トロウトスルカ」 〔書経‐呂刑〕
[2] 〘接尾〙 同じ数を重ねて加え合わせる回数を表わすのに用いる。「二倍」「百倍」など。
※令義解(718)雑「雖四百八十日。不一倍
※俳諧・文政句帖‐五年(1822)五月「きのふには一ばいましの羽蟻哉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ばい‐・す【倍】
〘自他サ変〙 ⇒ばいする(倍)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ばい‐・する【倍】
[1] 〘自サ変〙 ばい・す 〘自サ変〙 二倍になる。ある数に同数を加えた数になる。また、ふえる。増加する。
※妙一本仮名書き法華経(鎌倉中)四「正法、住せんこと、いのちに倍(ハイ)(〈注〉マサリ)し、像法またこれに倍(ハイ)(〈注〉マサラン)せん」
[2] 〘他サ変〙 ばい・す 〘他サ変〙 二倍にする。倍にふやす。また、加える。増加させる。
※日本書紀兼倶抄(1481)「十五を倍して五百と云ぞ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

倍の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.