Rakuten infoseek

辞書

【こ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典



individuum; individual
本来ギリシア語の atomonに由来するから,原子同様不可分なものが原義。他とは区別される独自性をもち,なかに部分を含む統一体であり,状態の変化はあっても本質的に自己同一性を保つ全体である。このような性質を最もよく具現しているのは人格であるから,individuumは多くの場合個人を意味する。この語を個体,個人を含む広い意味でとらえるときには,各 individuumの間にヒエラルキーが立てられる。史的にみればデモクリトスでは原子と区別されず,アリストテレスでは形相と質料より成る全体であり,スピノザでは個体は唯一の実体である神の様態にすぎず,逆に唯名論にあっては実在するのは一般者ではなく個体のみであるとした。個人の他と区別された独自性を強調したのは,ヘクセイタスを主張した J.ドゥンス・スコツスとそれを継承したライプニッツである。すなわち同一種に属する2個人 (体) ,たとえばソクラテスとプラトンを区別するのは質料的原理ではなく形相的原理なのである。ライプニッツにおいて単子 (→モナド ) はそれぞれに特殊性をもち,同一の個体は存在せず,すべての個体はそれぞれ本質的に独自な内容をもち,しかも宇宙全体に関係づけられているとされた (→単子論 ) 。なお,R.バイエは芸術作品は物体ではあるが,厳密な意味で個体であって分割できないことを主張した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こ【個/箇】
[名](個)一つの物。一人の人。「―を重んじる」
[接尾]助数詞。物の数を数えるのに用いる。「リンゴ三―」→か(箇)
[補説]は「ケ(ヶ)」とも書く。俗に、学年や年齢を数えるのに用いる。「元彼は五―上でした」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こ【個】[漢字項目]
[音](慣) カ(漢)
学習漢字]5年
一つの物や、一人の人。「個個個室個人個数個性個別各個別個
(「」と通用)指し示す語。この。これ。「個中好個真個
[補説]もとは「箇(か)」の異体字

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

こ【個】
[1] ( 名 )
ひとりの人。自分自身。 「 -としての認識」
( 接尾 )
助数詞。物の数を数えるのに用いる。 「みかん三-」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

個の関連情報

関連キーワード

アトム

他サービスで検索

「個」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.