Rakuten infoseek

辞書

俵山温泉【たわらやまおんせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

俵山温泉
たわらやまおんせん
山口県北西部,長門市木屋川上流,正渓谷にある温泉。 916年の発見といわれる。泉質は単純泉。泉温 26~42℃で,湯量は少い。神経痛リウマチにきく。共同浴場があって,外湯利用の湯治客でにぎわう。国民保養温泉地に指定。付近にはツツジ名所の熊野山公園や能満寺などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たわらやま‐おんせん〔たはらやまヲンセン〕【俵山温泉】
山口県北西部、長門市にある温泉。木屋(こや)川の渓谷に臨む。泉質は単純温泉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

たわらやまおんせん【俵山温泉】
山口県長門市南西部、木屋こや川上流の山間部にある温泉。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

俵山温泉
たわらやまおんせん
山口県北西部、長門(ながと)市にある国民保養温泉地および国民保健温泉地。木屋(こや)川の上流にあり、延喜(えんぎ)年間(901~923)薬師如来(やくしにょらい)の化身である白猿が発見したという伝説がある。天保(てんぽう)年間(1830~1844)ごろには湯屋二軒があって湯治場として知られた。泉源は三か所、泉質はアルカリ性の単純温泉。木屋川を挟んで旅館街があり、おもに外湯を利用し、「川の湯」「町の湯」「白猿の湯」の三つの外湯がある。九州、中国地方の浴客が多い。JR美祢(みね)線長門湯本駅、山陽本線小月(おづき)駅からバスの便がある。[三浦 肇]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たわらやま‐おんせん たはらやまヲンセン【俵山温泉】
山口県長門市にある温泉。木屋(こや)川上流の渓谷に臨み、醍醐天皇の頃の発見と伝えられる。泉質はアルカリ性単純泉。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

俵山温泉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

俵山温泉の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.