Rakuten infoseek

辞書

修羅物【しゅらもの】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

修羅物
しゅらもの
能楽の曲目の分類の一つ。五番立では,神,男,女,狂,鬼の男にあたり,2番目に演じられるところから,二番目物という。合戦により,死後修羅道に落ちて苦しむという構想。『平家物語』などに取材したもので,『田村』『八島』『箙 (えびら) 』の勝修羅は,壮年の平太の面で舞い,『忠度』『通盛』『清経』などの平家の公達は中将の面,女修羅の『巴』はただ1人の女性である。老武者の『頼政』『実盛』,前シテが中年の女性,後シテは公達という『朝長』の三修羅は扱いが重く,太鼓入りの異色のものである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しゅら‐もの【修羅物】
能の分類の一。多くは源平戦いで、シテである戦死した武将亡霊として現れ、戦いのありさまを語り、死後に落ちた修羅道の苦しみを語るもの。「八島」「頼政」など。五番立ての演能では2番目に置かれる。二番目物。修羅能。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゅらもの【修羅物】
能の分類名。修羅は阿修羅の略。世阿弥の伝書に〈修羅・闘諍(とうじよう)〉と熟して用いられているように,もと仏法守護の内道(たとえば凡天,帝釈天等)と仏法障礙(しようげ)の外道(げどう)との争いを描くに発する。鎌倉時代の代表的寺社芸能〈延年〉に原型とみられるものがあり,現行能の《舎利》《第六天》《大会(だいえ)》などは,それに比較的忠実な末流ということができる。世阿弥の執心物,ことに,鬼畜物ではあるが《鵺(ぬえ)》あたりに人間修羅の出現する兆しがあり,直接には,井阿弥(いあみ)の原作を世阿弥が改作した《通盛(みちもり)》に,武者がその執心ゆえに修羅道に落ちて苦しむというパターンが始まる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しゅらもの【修羅物】
能楽で、武将の霊をシテ(主役)とする曲。修羅能。二番目物。「頼政」「実盛さねもり」「朝長ともなが」を特に三修羅という。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅら‐もの【修羅物】
〘名〙 能の曲趣分類の一つ。武将の霊を主人公(シテ)とし、激しい戦乱を素材とする。多くは修羅道におちた主人公が、その苦しみを語り、まねてみせ、脇僧回向をたのむ形をとる。すべて源平の武将(「田村」だけ例外)で、「八島」「忠度」「兼平」「通盛」など。また五番立演能の二番に演じられるので二番目物ともいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

修羅物」の用語解説はコトバンクが提供しています。

修羅物の関連情報

他サービスで検索

「修羅物」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.