Rakuten infoseek

辞書

修羅場【しゅらば】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

修羅場
しゅらば
演劇や講談のなかで闘争の場面をいう。現世で戦いをした人間が死後に落ちる修羅道にちなむ名称。能では二番目を修羅物と呼び,義経など過去の武人の霊が現れて,戦いのありさまや修羅道の苦しみを物語る。浄瑠璃では二段目に修羅場がおかれることが多く,勇壮で簡潔な語り口が要求される。『義経千本桜』の二段目など。歌舞伎でも激しい闘争場面をいう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しゅら‐じょう〔‐ヂヤウ〕【修羅場】
阿修羅(あしゅら)と帝釈天(たいしゃくてん)とが戦う場所。
しゅらば(修羅場)1」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅら‐ば【修羅場】
血みどろの激しい戦いや争いの行われる場所。しゅらじょう。「修羅場をくぐりぬける」
人形浄瑠璃歌舞伎講談などで、激しい戦いや争いの演じられる場面。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しゅらじょう【修羅場】
〘仏〙 阿修羅王が帝釈天たいしやくてんと戦う場。
しゅらば(修羅場)」に同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅらば【修羅場】
戦乱や闘争で悲惨をきわめている場所。しゅらじょう。 「何度も-をくぐってきた男」 「 -を踏む」
芝居や講釈などで、激しい戦いの場面。 〔講談では「しらば」「ひらば」という〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅら‐じょう ‥ヂャウ【修羅場】
〘名〙 仏語。阿修羅帝釈天と争う場所。転じて、闘争、戦乱の激しい場所。血なまぐさいことが行なわれる場所。しゅらば。
※北条五代記(1641)二「此野は人馬の備所せばからず、求るに幸なる修羅場なりとて陣す」
※東京年中行事(1911)〈若月紫蘭〉十一月暦「馬券の発売されて居た頃の競馬はまるで修羅場(シュラヂャウ)のやうで」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅら‐ば【修羅場】
〘名〙
※太平記(14C後)二〇「修羅場(シュラバ)の下に死し給ひき」
② 人形浄瑠璃、歌舞伎また講談などで激しい戦いの場面を扱った部分。荒れ場
※西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉六「前座が修羅場(シュラバ)の素読(すよみ)をするうちは」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

修羅場」の用語解説はコトバンクが提供しています。

修羅場の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.