Rakuten infoseek

辞書

修文・脩文【しゅうぶん】

精選版 日本国語大辞典

しゅう‐ぶん シウ‥【修文・脩文】
〘名〙
① (━する) 学問、芸術を学んで身につけるようにすること。礼儀、法度(はっと)を整えること。
※扶桑集(995‐999頃)七・重賦文字〈源英明〉「金甲空懸依偃武。槐林独茂為修文」 〔書経‐武成〕
② (「修文郎」の略) 仮想の冥途の官。すぐれた文人は死後、冥途で文章をつかさどると考えられるところからいう。
※白石詩草(1712)挽恭靖木先生五首「只為脩文帰地下、肯教遺草出人間」 〔書言故事‐祭奠類修文〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

修文・脩文」の用語解説はコトバンクが提供しています。

修文・脩文の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.