Rakuten infoseek

辞書

【しん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


しん
(1) belief ある事柄や主張を,それ自体で納得するのではなく,それを支える権威のために受入れること。信憑性の合理性によって正信または迷信の区別,その確実の度合いによって疑い,憶測,確信などの区別がある。内的態度としては信頼を伴った絶対的帰依をいう,この意味で信念ともいう。 (2) śraddhā 仏道修行者のための最初の階位。原語の śraddhāは無条件に信愛するという意味のバクティ bhaktiとは異なり,心を清浄にして理解をもって信じるという意味である。 (→信仰 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しん【信】
[名]
うそのないこと。まこと。誠実。「を示す」
疑わないこと。信用。信頼。「を置く」
帰依すること。信仰。信心。「を起こす」
[接尾]助数詞。特定の発信人から届く通信の着順を表すのに用いる。「第二

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しん【信】[漢字項目]
[音]シン(呉)(漢) [訓]まこと
学習漢字]4年
言行にうそ偽りがないこと。まこと。「信義忠信背信
まことと思う。疑わない。「信条信託信任信念信用信頼過信確信誤信自信所信盲信
神仏を信じて帰依する。「信教信仰信者信心信徒狂信篤信
遠くまで届く合図や便り。「信号信書音信(いんしん・おんしん)交信私信書信通信電信発信返信来信
約束のしるし。あかし。わりふ。「印信(いんじん)
信濃(しなの)国。「信州上信越
[名のり]あき・あきら・こと・さだ・さね・しげ・しの・ただ・ちか・とき・とし・のぶ・のぶる・まさ・みち
[難読]信天翁(あほうどり)信濃(しなの)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しん【信】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しん【信】
[1] ( 名 )
あざむかないこと。いつわらないこと。忠実なこと。まこと。儒教では五常の一つとされる。
疑わないこと。信頼すること。信用。 「 -を失う」
宗教に帰依すること。また、信仰する心。信心。 「 -をおこして、戒を持たもちて/今昔 19
( 接尾 )
助数詞。序数詞に付いて、特定の発信人から来た通信の着順を表すのに用いる。 「アメリカからの第一-」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


しん
一般には、真実で偽りのないことをいう。
(1)儒教においては、五常(仁・義・礼・智(ち)・信)の一にあげられ、友情に厚く友を欺かないことをいう。
(2)仏教では、サンスクリット語シュラッダーraddhあるいはプラサーダprasda(信仰の意)の訳語。仏陀(ぶっだ)の教えを信ずることによって、心が澄み、清らかになることをさす。『倶舎論(くしゃろん)』4には「信とは心をして澄浄(ちょうじょう)ならしむ」とあり、倶舎宗ではあらゆる事象を75種の実体に分け、それを5大別した分類法(五位法)の中の心所法の一部にあげている。すなわち、心の働き(心所)のうちで、すべての善心と相伴うもの(大善地(だいぜんじ)法)の一とされる。また悟りに至る種々の修行を37に分類した三十七菩提(ぼだい)分法(三十七道品)のなかの五根(信・勤(ごん)・念(ねん)・定(じょう)・慧(え))の一とされる。
 なお、ヒンドゥー教で説かれる「信仰」バクティbhaktiは、神に対する信愛・献身的な信仰であり、仏教で説く「信」raddhとは異なる。[小川 宏]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しん【信】
〘名〙
① あざむかないこと。いつわらないこと。まこと。誠実。儒教では、五常(仁・義・礼・智・信)の一つとされている。
※十七箇条憲法(604)「九曰、信是義本。毎事有信」
※梵舜本沙石集(1283)三「信と云は心も言も実ありて、偽なく」 〔易経‐繋辞上〕
② 疑わないこと。信用すること。まことと思いこむこと。信頼。
※徒然草(1331頃)一九四「あまりに深く信をおこして、なほわづらはしく虚言を心得そふる人あり」 〔荀子‐非十二子〕
③ 帰依(きえ)すること。信仰すること。信心。信仰心。
※観智院本三宝絵(984)下「諸の童これをみてみなまことの信をおこしつ」
④ おとずれ。たより。音信。
※俳諧・猿蓑(1691)跋「有昆仲騒士不集録、索居竄栖為信」
※小学読本(1874)〈榊原・那珂・稲垣〉一「伝信機 鉄線に機を設けて一瞬に信を万里に伝ふる器なり」 〔晉書‐劉琨伝〕
⑤ しるし。あかし。割符。符契。〔陳鴻‐長恨歌伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しん・じる【信】
〘他ザ上一〙 (サ変動詞「しんずる(信)」の上一段化したもの) =しんずる(信)
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉変哲家「君達は匹夫匹婦が方鑑天気九星陶宮等を信じるを迷信だといって笑うが」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しん‐・ず【信】
〘他サ変〙 ⇒しんずる(信)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しん‐・ずる【信】
〘他サ変〙 しん・ず 〘他サ変〙
① 物事を本当だと思う。また、信頼する。信用する。
※源氏(1001‐14頃)明石「ひとのみかどにも、夢をしむして国を助くる類(たぐひ)多う侍りけるを」
※徒然草(1331頃)七三「世俗の虚言をねんごろに信じたるも」
② 神仏を信仰する。帰依する。
※百座法談(1110)三月一日「何况やふかく信し、あつくたのみたてまつらせたまはむ功徳をや」
※宇治拾遺(1221頃)一二「誠の心をおこすといふは、他の事にあらず。仏法を信ずる也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

信の関連情報

関連キーワード

イスラム再訪ゴアジョードヒックスベラナイポールメディカル・アンソロポロジーオング統制理論ウィースロー コタンスキ

他サービスで検索

「信」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.