Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

信賞必罰【シンショウヒツバツ】

デジタル大辞泉

しんしょう‐ひつばつ〔シンシヤウ‐〕【信賞必罰】
功績があれば必ずを与え、罪があれば必ずすること。賞罰けじめを厳正にし、確実に行うこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しんしょう‐ひつばつ シンシャウ‥【信賞必罰】
〘名〙 功労のある者には約束どおり賞を与え、罪をおかした者は必ず罰すること。
※授業編(1783)五「信賞必罰(シンシャウヒツバツ)法令を守り僥倖を抑え名実を明らかにし」 〔漢書‐宣帝紀賛〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

四字熟語を知る辞典

信賞必罰
功績のあるには必ず賞を与え、罪をおかした者は必ず罰すること。

[使用例] 社員大会は、五階の大会議室で行われた。九百人集まった社員の前で、その月の信賞必罰が行われる[山崎豊子*死亡記事|1958]

[解説] 「信賞」は必ず賞を与えること、「必罰」は必ず罰すること。

出典:四字熟語を知る辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

信賞必罰」の用語解説はコトバンクが提供しています。

信賞必罰の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.