Rakuten infoseek

辞書

【ほ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


(1) 令制に定めている末端行政組織。中国の制度に範をとり5戸を1保とし (→五保の制 ) ,保長をおき,納税などの連帯責任を負わせた。 (2) 平安京の行政区画の一つ。1坊の4分の1すなわち4町を1保とし,保ごとに保刀禰がおかれ,造籍,納税,治安などの連帯責任を負った。保の下に町,行,門があった。1戸を1門,8門を1行,4行を1町,4町を1保とした (→戸主〈へぬし〉) 。 (3) 平安時代末期から中世を通じてみられる中央官庁領,国衙領の小集落。前者を京保,後者を国保といった。 (→ )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほ【保】
律令制における末端の行政組織。5戸を一組として構成され、治安・納税の連帯責任を負った。五保
平安京条坊制の一単位。4町で1保とし、また、4保で1坊とした。
平安末期から中世を通じての、と並ぶ国衙(こくが)領内の行政区画の一単位。ほう。
1が手本とした古代中国における隣保組織。一定戸数で構成され、連帯責任を負う。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほ【保】[漢字項目]
[音](慣) ホウ(呉)(漢) [訓]たもつ やすんずる
学習漢字]5年
養い育てる。おもりをする。「保育保母
大切に守る。「保安保健保護保身
しっかりと持ち続ける。たもつ。「保温保持保守保存保有確保留保
請け合う。「保険保釈保証保障担保
雇われ人。「酒保
隣組。「隣保
「保険」の略。「健保国保生保
[名のり]お・まもる・もち・もり・やす・やすし・より
[難読]日保(も)ち保(も)ち合い

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほう【保】
ほ(保)3」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほ【保】
古代から中世にかけての地域行政的単位で,大きく分けて3種類の用法がある。(1)律令制下で,郷(里)の下に置かれた末端行政組織。5戸をまとめて保とし(五保ともいう),保長のもと治安維持,徴税などについて,連帯責任を負わされていた。702年(大宝2)の美濃国戸籍にみえるのが確実な例であるが,それ以後の籍帳にはほとんどみえず,しだいに地縁的に家を基準にして組織されるようになった。(2)平安京における地割の一単位。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ほ【保】
中国で、古くから行われた隣保組織。一定戸数からなり、連帯責任を負う。
律令制において、五戸を単位として設けた相互検察のための行政末端組織。逃亡した戸の租調をその属する保が納めるなどの徴税機能も有した。五保。
平安京内の地割単位の一。一坊の四分の一で、四つの町より構成される。
平安中期以降の、国衙こくが領内の行政単位で、荘・郷・名と並ぶもの。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


(1)戸令(こりょう)(養老(ようろう)令)の第9条に定められた末端行政組織。五戸を一つの単位として設定し、1人の長(保長)を置き、五戸の内にきた旅人の宿泊や五戸の中の人の旅行などを掌握させた。五戸の中の人が逃亡した場合には五戸(五保とも称する)の人がこれを追い訪(とぶ)らうことになっていた。みつからない間は、五保と三親等の親族が均分して租税を代納する義務を負った。唐の五保の制度をまねたもので、江戸時代の五人組制度にも類似したところがある。唐では五保とともに一家の四隣による制度とが二重に置かれていたが、日本では四隣の制度は継受されなかった。唐は人為的な行政区画と並んで、村―隣という自然的な相互関係を国家が掌握していたが、日本ではそういう国家的掌握は実現しなかったのである。保が実施されたことは静岡県の城山(しろやま)遺跡および伊場(いば)遺跡出土木簡に保長の名称がみえることで確認される。平安時代には保は地域的な組織として変質し、徴税の単位に変わった。(2)条坊制の一単位。四町(一町は32戸主(へぬし))をもって一保とし、四保をもって一坊(面積180丈平方)とした。保には保刀禰(ほとね)が置かれた。[鬼頭清明]
(3)平安後期、律令(りつりょう)制的郡郷組織の解体・再編に伴って成立した国衙(こくが)領の単位の一つ。畿内(きない)近国において11世紀後半~12世紀初頭に形成され、徐々に東国・鎮西(ちんぜい)などの遠隔地域にも波及したもので、史料的にはほぼ全国的に存在を確認できる。鎌倉時代の大田文(おおたぶみ)によれば、能登(のと)・若狭(わかさ)・淡路(あわじ)では全体の3分の1ないし5分の1が保であり、大きな比重を占めていたことが知られる。保は開発領主による田地開発の申請が国守によって認可されることでたてられ、開発申請者は保司職(ほししき)に補任(ぶにん)されるとともに保内の勧農や田率官物(かんもつ)収納の権限を与えられた。また保司は保内の住人に対して雑役(ぞうやく)賦課の権限を有したが、この点が他の国衙領の単位と区別される特徴であるとする説もある。申請者は在地領主ばかりでなく、しばしば中央大寺社の僧侶(そうりょ)、知行(ちぎょう)国主や国守の近臣、あるいは中央官司の中下級官人層など権門・官司に連なる在京領主で、この場合、申請者はその立場を利用して国守に働きかけて立保せしめ、自らは保司として資本を在地に投下する一方、有力在地領主層を保公文(くもん)職に任じて労働力編成など開発実務にあたらせた。国守側では立保によって国守が中央権門・官司に負う封戸(ふこ)物、上納物など国家的給付の滞納を補償できたため、この面からも保の形成は促進されたといえる。かかる在京領主の保はもちろん、在地領主の保も中央権門に寄進されるなどして、荘園(しょうえん)に転化した事例は少なくない。[田村憲美]
『義江彰夫「『保』の形成とその特質」(『北海道大学文学部紀要34』所収・1973) ▽網野善彦「荘園公領制の形成と構造」(竹内理三編『土地制度史 一』所収・1973・山川出版社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

た‐も・つ【保】
〘他タ五(四)〙 (「手(た)持つ」の意)
① 手に持つ。所持する。携帯する。
書紀(720)敏達一三年九月(前田本訓)「彌勒の石の像(みかた)の一躯(ひとはしら)を有(タモテ)り」
② 自分の物として所有し管理する。統治する。支配する。
※大唐西域記長寛元年点(1163)一「共に此の城を保(タモ)たむとす」
③ 自分の守るべきこととして長く持ち続ける。長く心に留める。保持する。
※書紀(720)推古三二年四月(岩崎本平安中期訓)「夫れ出家せる者は〈略〉具戒の法を懐(タモツ)
※今昔(1120頃か)四「汝に昔の事共語て聞せむ、善く聴て可持(たもつべ)し」
④ ある物やある状態を、そのまま変えないように持ちこたえさせる。ある状態が長く続くように守りささえる。維持する。
※書紀(720)雄略二三年八月(前田本訓)「好き子孫(うみのこ)は足(あくまで)に大なる業(つきて)を負荷(タモツ)に堪たり」
※名語記(1275)六「文武の二道は国をたもつたから也」
⑤ 弓に矢をつがえて引き絞り、ねらいを定めながら持ちこたえる。
※天草本平家(1592)二「トガリヤ ヲ トッテ ツガウテ、シバシ tamotte(タモッテ) ヒャウド イタレバ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほ【保】
〘名〙
① 古代中国における連座制の組織で、地方の秩序・安寧を維持するもの。また、それを施行すること。周代にすでに原初的な形態があったとされ、秦漢以降も広く行なわれ、もっとも整理されたのは、宋の王安石の新法の下であった。〔隋書‐食貨志〕
② 令制下における、行政組織の末端で、五戸で構成するのを原則とし、一人の保長を定め、治安・納税に連帯責任を持つとされた。五保。〔令義解(718)〕
③ 平安京の市街区割。一戸を一門とし、八門を一行、四行を一町とし、四町が保となる。保長がおかれ、②と同様の連帯責任を負わされた。
④ 平安時代後期に成立した国衙領内の行政区画で、荘・郷と並ぶもの。荘が私領地であるのに比較して郷・保は公領の性格が強く、保はその成立において在地有力者の開発によることが多い。ほう。
※東寺百合文書‐ウ・康和二年(1100)八月一六日・丹波国司請文案「御得替之刻、以彼文書等、御任申請一色保、被除雑事許也」
⑤ 日本統治時代の台湾の地方団体の称。一〇戸をもって一甲を編成し一〇甲をもって一保を編成した。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほう【保】
〘名〙 =ほ(保)④〔易林本節用集(1597)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほ‐・す【保】
〘他サ変〙 ⇒ほする(保)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほ‐・する【保】
〘他サ変〙 ほ・す 〘他サ変〙 たもつ。守る。また、うけあう。ひきうける。保証する。ほうする。
※法華義疏(7C前)二「第三勧取三車、第四保与不虚」
学問のすゝめ(1872‐76)〈福沢諭吉〉一五「取捨如何に至ては果して的当の明あるを保す可らず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

保の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.