Rakuten infoseek

辞書

保留【ホリュウ】

デジタル大辞泉

ほ‐りゅう〔‐リウ〕【保留】
[名](スル)
そのまま保ちとどめておくこと。とめておくこと。「指名権を保留する」
その場で決定しないで延ばしておくこと。「回答を保留する」「態度を保留する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ほりゅう【保留】
( 名 ) スル
そのままの状態でおさえとどめておくこと。特に、その場ですぐに決めたり実行したりせずにのばすこと。 「態度を-する」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほ‐りゅう ‥リウ【保留】
〘名〙
① おさえとどめておくこと。他に移さないように保っておくこと。また、とどまって元の状態でいること。留保
※半日(1909)〈森鴎外〉「此子に丈優しい詞を掛けることが出来るのが、博士の僅に保留してゐる権利で」
② その場でとり決めたり手をつけたりしないで、処置をしばらく先に延ばすこと。留保。
※写生紀行(1922)〈寺田寅彦〉「静物乃至自画像などは寒い時の為に保留するといふやうな気もあって」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

保留」の用語解説はコトバンクが提供しています。

保留の関連情報

他サービスで検索

「保留」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.