Rakuten infoseek

辞書

保田与重郎【やすだ よじゅうろう】

美術人名辞典

保田与重郎
文芸評論家歌人奈良県生。東京帝大卒。ロマン主義日本回帰の主張で論壇文壇に大きな影響を与える。『日本の橋』『近代終焉』『現代畸人伝』等の著がある。昭和56年(1981)歿、71才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

やすだ‐よじゅうろう〔‐ヨヂユウラウ〕【保田与重郎】
[1910~1981]評論家。奈良の生まれ。昭和10年(1935)文芸雑誌「日本浪曼派」を創刊、伝統主義と近代文明批判を展開した。評論集「日本の橋」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

保田与重郎 やすだ-よじゅうろう
1910-1981 昭和時代の文芸評論家。
明治43年4月15日生まれ。昭和10年亀井勝一郎らと「日本浪曼(ろうまん)派」を創刊。民族主義と反近代主義にたった評論で第二次大戦下の青年層に影響をあたえる。24年「祖国」を発刊,終生その思想をつらぬいた。昭和56年10月4日死去。71歳。奈良県出身。東京帝大卒。著作に「日本の橋」「近代の終焉(しゅうえん)」「現代畸人(きじん)伝」など。
【格言など】紙無ければ,土に書かん。空にも書かん(「日本に祈る」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

やすだよじゅうろう【保田与重郎】
1910‐81(明治43‐昭和56)
文芸評論家。奈良県の生れ。大阪高校をへて東大美学科卒業。1932年大阪高校出身者たちと《コギト》を創刊,ドイツ・ロマン派の影響下に日本古典の精神の継承を目指す。また,《現実》同人となって,亀井勝一郎,中谷孝雄と知り,神保光太郎,中島栄次郎,緒方隆士を誘って,35年《日本浪曼派》を創刊,昭和10年代の指導的評論家になる。大和桜井に生れ,日本の故郷を故郷としたと自称する保田は,幼少時から親しんだ日本古典の教養に,ドイツ・ロマン派から学んだ〈イロニー〉の方法を接着させ,独自の晦渋(かいじゆう)な文体で〈敗北の美学〉を謳(うた)いあげ,プロレタリア文学運動壊滅後の虚無的な時代を生きる青年層を魅了した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

やすだよじゅうろう【保田与重郎】
1910~1981) 評論家。奈良県生まれ。東大卒。雑誌「日本浪漫派」を創刊。反近代主義の立場で民族の美意識を説く。飛躍の多い散文詩風の文体は戦中の青年読者をとらえた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

保田与重郎
やすだよじゅうろう
[生]1910.4.15. 奈良
[没]1981.10.4. 京都
評論家。 1934年東京大学美学科卒業。ヘルダーリーン,ノバーリスなどドイツロマン派の影響を受けて文芸雑誌『コギト』を創刊 (1932) ,日本古典美の高揚に努め,さらに 35年には神保光太郎,亀井勝一郎らと創刊した『日本浪曼派』に拠って,死の美学を説いて戦時下における民族主義文学の主柱的役割をになった。主著『日本の橋』 (36) ,『戴冠詩人の御一人者』 (38) ,『近代の終焉』 (41) ,『文明一新論』 (43) など数多くの著作を発表したが,第2次世界大戦後は公職追放を受けて沈黙し,『現代畸人伝』 (63~64) で再登場した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

保田与重郎
やすだよじゅうろう
(1910―1981)
文芸評論家。明治43年4月15日奈良県生まれ。東京帝国大学美学科卒業。大阪高校時代は左翼思想の影響のうかがえる短歌や評論を同人誌に発表したが、大学に入って高校時代の仲間と出した『コギト』(1932)には「私らはこの国の省みられぬ古典を愛する」と宣して日本の古典論を寄稿した。ついで亀井勝一郎(かめいかついちろう)らと『日本浪曼(ろうまん)派』(1935)を創刊して話題になり、最初の評論集『日本の橋』(1936)が池谷(いけたに)信三郎賞を得て注目されたが、しだいに民族主義と反近代主義の立場を明確にし、『戴冠(たいかん)詩人の御一人者』(1938)、『後鳥羽院(ごとばいん)』(1939)、『民族的優越感』(1941)、『近代の終焉(しゅうえん)』(1941)などを著し、第二次世界大戦下の青年に多大な影響を与えた。戦後は郷里に帰り『祖国』(1949)を発刊、厳しい指弾のなかで姿勢を変えずに言論活動を行い、『現代畸人(きじん)伝』(1963)で論壇に復帰し、『日本浪曼派』評価の議論を喚起した。昭和56年10月4日没。[都築久義]
『『保田与重郎選集』全六巻(1971~72・講談社) ▽橋川文三著『日本浪曼派批判序説』(1960・未来社) ▽神谷忠孝著『保田与重郎論』(1979・雁書館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

やすだ‐よじゅうろう【保田与重郎】
評論家。奈良県出身。東京帝国大学卒。昭和一〇年(一九三五)亀井勝一郎らと「日本浪曼派」を創刊。反近代主義・日本回帰を標榜し、昭和一〇年代の思想混迷期に生きる青年に大きな影響を与えた。戦後、公職追放に処せられたが、昭和二四年、雑誌「祖国」を創刊。「日本の橋」「後鳥羽院」「近代の終焉」「現代畸人伝」などの著がある。明治四三~昭和五六年(一九一〇‐八一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

保田与重郎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

保田与重郎の関連情報

他サービスで検索

「保田与重郎」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.