Rakuten infoseek

辞書

保元物語【ほうげんものがたり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

保元物語
ほうげんものがたり
鎌倉時代前期の軍記物語。『保元記』『保元合戦記』ともいう。作者,成立年未詳。3巻。『平治物語』と並称され,同じ作者の手に成るともいわれるが,別に成立した作品と思われる。『平治物語』と同じく異同の大きい種々のテキストがある。保元のを扱った物語で,初めは保元の乱にまつわる逸話を集成したような形態であったものが,琵琶法師などの手によって語り物として抒情性の豊かな一貫した物語に成長したといわれる。なかでも,源為朝の英雄ぶりが印象的で,江戸時代後期の滝沢馬琴の『椿説弓張月 (ちんせつゆみはりづき) 』など後代の文学に影響を与えた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほうげんものがたり【保元物語】
鎌倉時代の軍記物語。3巻。作者未詳。承久年間(1219~1222)ごろまでに成立か。源為朝の活躍を中心に、保元の乱のいきさつを和漢混交文で描いたもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほうげんものがたり【保元物語】
保元の乱(1156)を素材とする和漢混交文の軍記物語。鎌倉時代前期までに成立か。作者不明。3巻または2巻。《保元記》ともいう。乱は崇徳上皇派と後白河天皇派との皇位継承をめぐる戦いであったが,作中で最も強烈な個性をもって描かれるのは源為朝である。彼は敗北した上皇側に属しながら,一矢で敵2人を射倒したり,鞍もろとも鎧武者を射通して串刺しにするなど,獅子奮迅の働きをする。身の丈7尺(210cm余),生来の弓の名手で左手が右手より4寸長かったとも語られ,合戦場面は彼を中心に展開する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ほうげんものがたり【保元物語】
軍記物語。三巻。作者未詳。「平治物語」の作者と同じともいわれる。鎌倉時代に成立、のちさまざまな成長・変貌を遂げた。保元の乱の顚末を和漢混交文により記し、武士たちの活躍を描く。保元合戦物語。保元合戦記。保元記。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほうげんものがたり【保元物語】
鎌倉初期の軍記物語。三巻。著者未詳。鎌倉初期に原型が成立したらしい。改作がくりかえされ、伝本が多い。保元の乱の顛末を、鎮西八郎為朝の活躍を中心に、和漢混淆文で活写した作品。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

保元物語」の用語解説はコトバンクが提供しています。

保元物語の関連情報

他サービスで検索

「保元物語」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.