Rakuten infoseek

辞書

保佐【ホサ】

デジタル大辞泉

ほ‐さ【保佐】
[名](スル)保護し、助けること。
法律で、被保佐人の重要な法律行為保佐人が助けること。→法定後見

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ほさ【保佐】
スル
保護し助けること。
被保佐人の行う財産上の法律行為を、保佐人が補い助けること。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

保佐
ほさ
精神上の障害により事理を弁識する能力(→行為能力)が著しく不十分である者(被保佐人)の財産を保護するための制度(民法11条以下,876条以下)。成年後見制度の一つ。家庭裁判所が,本人,配偶者,4親等内の親族,検察官などの請求により,保佐開始の審判をすることで開始する(11,876条)。家庭裁判所は,職権で,保佐人を選任する(876条の2第1項)。被保佐人は,単独では,元本の領収,利用,借財または保証不動産そのほか重要な財産の権利に関する得喪行為,訴訟行為,贈与和解仲裁などの重要な行為をすることができず,保佐人が同意をすることで,初めてその行為をすることができる(13条1項)。保佐人の同意,または同意に代わる家庭裁判所の許可を得ないで,被保佐人がこれらの行為をした場合には,被保佐人および保佐人が取り消すことができる(13条4項,120条1項)。このように保佐人には,重要な行為に関する同意権と取消権はあるが,代理権(→代理)は当然にはない。もっとも,家庭裁判所は,保佐人に特定の法律行為について代理権を与えることができる(876条の4第1項)。ただし,保佐人への代理権付与に関しては,被保佐人の同意が必要である(876条の4第2項)。(→後見補助

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほ‐さ【保佐】
〘名〙 被保佐人の行なう財産上の重要な法律行為について、保佐人が同意を与えて完全な効力を生じさせること。ほうさ。〔法例(明治三一年)(1898)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

保佐」の用語解説はコトバンクが提供しています。

保佐の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.