Rakuten infoseek

辞書

俄然【ガゼン】

デジタル大辞泉

が‐ぜん【×俄然】
[ト・タル][文][形動タリ]にわかなさま。
「毎年夏の初めに、多くの焼芋屋が―として氷水屋に変化するとき」〈漱石それから
[副]突然ある状態が生じるさま。急に状況が変わるさま。にわかに。「梅雨があけたら俄然暑くなった」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

がぜん【俄然】
状態などが今までとは急に変わるさま。にわかに。突然。急に。 -攻勢に転じた
トタル [文] 形動タリ 
にわかなさま。だしぬけであるさま。 -として新天地が現前する/門 漱石

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

が‐ぜん【俄然】
[1] 〘形動タリ〙 にわかなさま。だしぬけなさま。突なさま。「然として」の形で詞的に用いられる場合が多い。〔文明本節用集(室町中)〕
※星座(1922)〈有島武郎〉「園の心の奥底に俄然として起り俄然として消えた電光」 〔荘子‐斉物論〕
[2] 〘副〙
① だしぬけに。急に。突然。
※近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉五「人心の自然にして俄然(ガゼン)相整ひがたきは必定の理」
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉三「大音声に話して居るかと思ふと、俄然声を低めて」
② 動作、状態を強調するのに用いた、昭和初期の流行表
※漫談集(1929)漫談の漫談〈大辻司郎〉「この大人の行末を期待して居りましたが、これが俄然反対で九つの春に脳膜炎を病(わづら)って頭のぜんまいが、すっかりゆるんで」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

俄然」の用語解説はコトバンクが提供しています。

俄然の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.