Rakuten infoseek

辞書

便【ビン】

デジタル大辞泉

びん【便】
人や荷物・手紙などをある場所まで運ぶこと。また、その手段。「飛行機の便がある」「午後の便で届く」「宅配便」「速達便
都合のよい機会。よい方法。ついで。
「侍のをのこども仕まつるもののうちに、―ある所をなむ僧坊にしける」〈宇津保・嵯峨院〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

びん【便】[漢字項目]
べん

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

べん【便】
都合がよいこと。「交通の便がいい」
大便小便。特に大便。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

べん【便】[漢字項目]
[音]ベン(呉) ビン(慣) [訓]たより すなわち
学習漢字]4年
〈ベン〉
障りなく事が運ぶ。都合がよい。「便益便宜便法便覧便利簡便軽便至便不便方便利便
くつろぐ。ふだんの。「便衣便殿便服
通じ。大小便。「便器便所便通便秘検便軟便緑便
口先がうまい。「便佞(べんねい)
〈ビン〉
障りなく事が運ぶ。都合がよい。「便宜音便穏便
都合のよい機会。「便乗
たより。手紙。「便箋(びんせん)後便(こうびん)先便
交通や通信の手だて。「急便幸便船便(せんびん・ふなびん)郵便航空便定期便
[名のり]やす

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

便
 糞,糞便.不消化物や腸内微生物,消化管表面細胞の剥離したものなどからなる.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

べん【便】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

びん【便】
荷物・手紙などを運ぶこと。また、その手段。つて。 「急行-」 「次の-」
都合。ぐあい。 「 -あしと思ひて、すりのきたるに/徒然 238

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

べん【便】
( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
都合のよいこと。便利なこと。また、そのさま。 「交通の-がいい」 「運輸頗る-なり/八十日間世界一周 忠之助
( 名 )
大便と小便。特に、大便をいう。 「 -の検査」
[句項目] 便に供する

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

びん【便】
〘名〙
[1]
都合のよい機会やつて。てづる。ついで。便宜。「びんなし」「びんよし」「びんあし」などと熟して用いられる。
※宇津保(970‐999頃)嵯峨院「侍のをのこども仕まつるもののうちに、びんある所をなんそらはらにしける」
※日葡辞書(1603‐04)「Binuo(ビンヲ) ウカガウ。または、ビン、ヒマヲ ウカガウ」
(イ) 郵便。手紙。音信。
※捷解新語(1676)一「せんとのなかもとりふねのひんに、にはんつくそきか、といさきにひよりおまつと申きたほとに」
(ロ) ある地からある地への交通、運輸の手段
※青春(1905‐06)〈小栗風葉〉秋「電車の便が有るから其れには及ばぬと言って」
[2] 〘接尾〙 ((一)②が接尾語化したもの) 名詞に付いて、郵便、運輸についての様態や数、特定の便の名に用いる。「船便」「速達便」「宅配便」「定期便」「羽田発六二五便」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

べん【便】
〘名〙
① (形動) つごうがよいこと。便利であること。また、そのさま。
※史記抄(1477)一〇「是と云も仏法流布の国で、経教をつよく人が読に依て、呉音に便なぞ」 〔荀子‐議兵〕
② 大便や小便。特に、大便をさすことが多い。
※随筆・独寝(1724頃)上「かくの如く度々すれば、ことごとく便につきて、にほひうするもの也」 〔漢書‐張安世〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

べん・じる【便】
(サ変動詞「べんずる(便)」の上一段化したもの)
[1] 〘自ザ上一〙 用が足りる。便ずる。
[2] 〘他ザ上一〙 用をたす。便ずる。
※「戦争と平和」論(1947)〈本多秋五〉三「立派な侍僕で、君よりもかへってよくお父さんの用を便じる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

べん‐・す【便】
〘自サ変〙 ⇒べんする(便)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

べん‐・ず【便】
〘自他サ変〙 ⇒べんずる(便)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

べん‐・する【便】
〘自サ変〙 べん・す 〘自サ変〙 たよりとする。便利なようにする。
※公議所日誌‐一四下・明治二年(1869)五月「互に土人を雇て、使用に便するは、時あって許すべし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

べん‐・ずる【便】
[1] 〘自サ変〙 べん・ず 〘自サ変〙 用が足りる。便じる。
[2] 〘他サ変〙 べん・ず 〘他サ変〙 用をたす。便じる。
※日葡辞書(1603‐04)「ダイショウヲ benzuru(ベンズル)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

便」の用語解説はコトバンクが提供しています。

便の関連情報

他サービスで検索

「便」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.