Rakuten infoseek

辞書

依田義賢【よだ よしかた】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

依田義賢 よだ-よしかた
1909-1991 昭和時代の脚本家。
明治42年4月14日生まれ。昭和5年日活京都撮影所の脚本部にはいる。14年「残菊物語」,27年「西鶴(さいかく)一代女」,28年「雨月物語」など溝口健二監督作品の大部分の脚本をかく。ほかに「荷車の歌」(監督山本薩夫(さつお))など。平成3年11月14日死去。82歳。京都出身。京都市立第二商業卒。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

よだよしかた【依田義賢】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

依田義賢
よだよしかた
(1909―1991)
シナリオ作家。京都生まれ。1927年(昭和2)京都第二商業を卒業、住友銀行に勤めたが、翌年日活脚本部に入る。1936年、27歳で溝口健二(みぞぐちけんじ)監督の『浪華悲歌(なにわエレジー)』と『祇園(ぎおん)の姉妹(きょうだい)』の脚本を執筆。以後も『愛怨峡(あいえんきょう)』(1937)、『残菊物語』(1939)、『浪花女(なにわおんな)』(1940)、『夜の女たち』(1948)、『西鶴一代女(さいかくいちだいおんな)』(1952)、『雨月物語』(1953)、『近松物語』(1954)など溝口作品を担当した。ほかに『異母兄弟』(1957)、『荷車の歌』(1959)、『武士道残酷物語』(1963)があり、虐げられた女性を凝視。著書『溝口健二の人と芸術』は、不世出の監督との創作過程を記録した貴重な文献である。[千葉伸夫]
『依田義賢著『溝口健二の人と芸術』(1970・田畑書店) ▽依田義賢著『依田義賢シナリオ集』『依田義賢シナリオ集(2)』(1978、1984・映人社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

依田義賢」の用語解説はコトバンクが提供しています。

依田義賢の関連情報

関連キーワード

牧野省三スペースシャトル飛行記録[各個指定]芸能部門今江祥智[各個指定]工芸技術部門磯崎新トルクメニスタン道浦母都子ユーゴ紛争国連加盟年月日ごとの加盟国一覧

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.