Rakuten infoseek

辞書

供給【キョウキュウ】

デジタル大辞泉

きょう‐きゅう〔‐キフ〕【供給】
[名](スル)
必要に応じて、物を与えること。「被災者に物資を供給する」
販売のために、商品を市場に出すこと。また、その数量。⇔需要

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きょうきゅう【供給 supply】
生産者や資産の保有者などが自発的意思に基づき販売を目的として商品を市場に出すこと,また,そうして市場に出された商品の量のこと。供給量に最も大きな影響を与える要因は,取引される財の価格であるため,縦軸に価格をとり横軸に供給量をとった図に表した供給曲線によって,売手の価格に対する反応を表現するのが普通である。個別供給者の供給曲線は,集計されて市場供給曲線となる。市場供給曲線は市場需要関数とともに,1商品の均衡価格の決定および社会的最適生産量などの問題を考えるうえで,中心的な役割を果たす概念である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

くごう【供給】
〈ぐきゅう〉とも読む。和訓は〈たてまつりもの〉(《類聚名義抄》)。今日〈供給〉はひろく〈需要〉に対する語として用いられる。需要があれば物資を提供するのが供給(きようきゆう)で,その場合,食糧・石油・電力など提供される物資の種類はとくに限定されず,また提供を受ける者は一般の需要者・消費者すなわち不特定多数である。だから〈A(物資)をB(被提供者)に供給する〉場合,通常〈Bに〉を省略して,いわないことが多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ぐきゅう【供給】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きょうきゅう【供給】
( 名 ) スル
必要に応じて、物を与えること。 「食料を-する」
〘経〙 販売・交換のために、商品を市場に出すこと。 ⇔ 需要 「需要と-とのバランス」 〔漢籍にあり、近世以前は「ぐきゅう」「くきゅう」とも読まれた。「哲学字彙」(1881年)に英語 supply の訳語として載り、経済用語として定着〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

供給
きょうきゅう
supply
経済主体が市場で交換、販売を目的とし、自己の所有物を提供する行為。一般的な交換経済を考えると、代価として相手側の提供するものが高い効用をもつときには、供給しようとする意思は強くなり、供給量は多くなる。現代のような貨幣経済では、相手側の表示するものは価格なので、価格と供給量の関係が得られる。価格が上昇すると供給も増加するのが一般的であり、この関係を関数表示したものが供給関数であり、グラフで示したのが供給曲線である。[鈴木博夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きょう‐きゅう ‥キフ【供給】
〘名〙
① 物を与えること。提供すること。ぐきゅう。古くは、多く「ぐきゅう」と読んだ。→ぐきゅう(供給)
※小学読本(1874)〈榊原・那珂・稲垣〉四「昼は我が食の半を遣り、夜は我が臥床に寝させて供給しおきたれども」 〔礼記‐曲礼上〕
② 市場の需要に応じて、財・サービスを価格の支払いと交換に引き渡すこと。また、その出す分量。⇔需要
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「需用の人に供給を遂くるを以て」
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉増税「一時砂糖の供給を絶ったので」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぐ‐きゅう ‥キフ【供給】
〘名〙 (「くぎゅう」「くきゅう」とも) 求めに応じてそなえあてがうこと。提供すること。また、そのもの。
※続日本紀‐天平二年(730)七月癸亥「詔曰、供給斎宮年料
※今昔(1120頃か)九「然れば、孟宗、年来の間、朝暮の備へに笋(たかむな)を構へ求めて供給(くぎふ)して闕く事无(な)し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

供給」の用語解説はコトバンクが提供しています。

供給の関連情報

他サービスで検索

「供給」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.