Rakuten infoseek

辞書

侘び茶【ワビチャ】

デジタル大辞泉

わび‐ちゃ【×侘び茶】
茶の湯の一。道具や調度豪奢(ごうしゃ)を排して、簡素静寂な境地を重んじたもの。村田珠光が始め、武野紹鴎(たけのじょうおう)を経て千利休大成

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

わびちゃ【侘び茶】
茶の湯の一形態。村田珠光が興した草庵の茶に始まる、侘びを重んじる茶。武野紹鷗をへて、千利休により大成された。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

侘び茶
わびちゃ
わび・さび理念に徹した茶の湯
闘茶一式の茶の湯を改革し,思想をとり入れた。村田珠光に始まり,武野紹鷗 (じようおう) を経て,千利休によって大成。後世の茶の湯は遊芸や趣味の要素が強い。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

侘び茶」の用語解説はコトバンクが提供しています。

侘び茶の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.