Rakuten infoseek

辞書

【さむらい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


さむらい
武力をもって主君に仕える者の総称。上層の武士江戸時代,幕府では御目見 (おめみえ) 以上に,大名では中,小姓以上の武士に対して侍の呼称が与えられた。侍とは元来,君側に近侍する者の意味で,平安時代には帳内,内舎人 (うどねり) ,兵衛,滝口,帯刀北面などの者をさしたが,のちには武力にすぐれた地方の武士をこれら近侍の役に採用するようになり,武士を意味することになった。さらに親王,摂家,大臣などの家人に対する呼称となって,武力をもって主君に仕える者のなかでも,比較的上級の武士に対して侍の呼称が与えられた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さぶらい〔さぶらひ〕【侍】
《動詞「さぶらう」の連用形から》
主君や主家のそば近くに仕える者。さぶらい人。
親王摂関家などに仕えて、家務に携わる者。
「若き―どもの五六人、汚なげなき姿にて雪まろばしするを見るとて」〈狭衣・二〉
㋑武器をもって皇族や貴族の警固に任じた者。禁中滝口北面東宮帯刀(たちはき)の類。のち、上級武士の身分を表す呼び名となる。さむらい。
「宮の―も、滝口も」〈紫式部日記
㋒武家に仕える者。家の子。武士。さむらい。
「―五騎、童一人、わが身共に七騎取って返し」〈平家・七〉
下侍(しもさぶらい)」に同じ。
「―にて男どもの酒たうべけるに」〈古今・夏・題詞〉
侍所(さぶらいどころ)」の略。
「東の対の北の端、東面などは―にせさせ給へり」〈栄花・本の雫〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さむらい〔さむらひ〕【侍/士】
《「さぶらい」の音変化》
武芸をもって貴族や武家に仕えた者の称。平安中期ごろから宮中や院を警固する者をいうようになり、鎌倉・室町時代には凡下(ぼんげ)(庶民)と区別される上級武士をさした。江戸時代になって幕府の旗本、諸藩の中小姓以上の称となり、また、士農工商のうちの士身分をいう通称ともなった。武士。
侍所(さむらいどころ)」の略。
並みの人ではちょっとできないようなことをやってのける人。「彼はなかなかの―だよ」
[補説]書名別項。→

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じ【侍】[漢字項目]
常用漢字] [音](呉) シ(漢) [訓]さむらい はべる さぶらう
〈ジ〉身分の高い人のそばに仕える。「侍医侍従侍女近侍奉侍
〈シ〉に同じ。「内侍
〈さむらい(ざむらい)〉「侍蟻(さむらいあり)若侍
[名のり]ひと

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さむらい【侍】[書名]
遠藤周作長編小説ローマ法王親書を届けるため海を渡ったある下級武士を描いた歴史小説。昭和55年(1980)年刊行同年、第33回野間文芸賞受賞。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本文化いろは事典

侍とは、刀を持ち、武芸に長け、大名などに仕えた日本の武士を指します。戦国時代から江戸時代にかけて戦乱の時代に翻弄され、数奇な運命を送りました。

出典:シナジーマーティング(株)

デジタル大辞泉プラス

1965年公開の日本映画。監督:岡本喜八、原作:群司次郎正による小説『侍ニッポン』、脚色:橋本忍、撮影:村井博。出演:三船敏郎新珠三千代小林桂樹東野英治郎伊藤雄之助松本幸四郎、八千草薫ほか。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さむらい【侍】
貴人の側近に控える意味の動詞〈さぶらふ〉が名詞に転じたもので,〈さぶらい〉ともよばれた。 〈侍人(さぶらいびと)〉の語は《日本書紀》にもみえるが,平安時代には皇后宮中宮に仕える侍・侍長(さぶらいのおさ)があり,また親王・摂関・大臣その他の諸家にも侍がいて主人の側近に仕え,下家司(げけいし)として家務を分担している。これらの侍には重代格勤(かくご)の一芸を伝える五位・六位の者が多かったので,諸家に仕える五位・六位の者を侍とよび,四位・五位の諸大夫につぐ一種の家格ともなった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

さぶらい【侍】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さぶらい【侍】
〔動詞「さぶらふ」の連用形から〕
身分のある人のそばに仕えて雑用を勤める人。おつきの人。 「み-み笠と申せ宮城野の木の下露は雨にまされり/古今 東歌
帯刀し武芸をもって主君に仕えた者。武士。さむらい。
平安時代、滝口・北面・帯刀たちはきなど、天皇・上皇および皇太子の居処を警固した武士。親王・摂関・大臣以下の家人けにんにもいう。 「或る所の-ども/徒然 178
中世、幕府の御家人や将軍の一門に仕えた上級の武士。 「 -の言葉は倫言にも同じ/義経記 8
侍所さぶらいどころ」の略。 「めぐりは檜垣。長屋一つ。-・小舎人所・てらだな・酒殿/宇津保 藤原君
下侍しもざむらい」に同じ。 「 -にまかで給ひて、人々御酒などまゐる程/源氏 桐壺

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さむらい【侍】
〔「さぶらい」の転。近世以降多用されるようになった〕
帯刀し、武芸をもって主君に仕えた者。武士。さぶらい。
特に、江戸時代、士農工商のうち士の身分のもの。幕府では御目見得以上、すなわち旗本を、諸藩では中小姓以上の上級武士をさした。
相当な人物。気骨のある人物。 「上役に盾突くとはなかなかの-だね」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じ【侍】
律令制で、篤疾者や八〇歳以上の老人の世話をするために、庸・雑徭ぞうようを免除された人。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


さむらい
武士の称。貴族などのそばに仕えることを意味する動詞「さぶらう(候)」の名詞形「さぶらひ」の転訛(てんか)した語。近侍、近習者(きんじゅしゃ)をさすことから、平安時代中ごろから滝口(たきぐち)、北面(ほくめん)などの武士をいうようになった。出自は、郡・郷司、荘官(しょうかん)やその一族であり、鎌倉時代末期に成立した幕府の訴訟手続解説書『沙汰未練書(さたみれんしょ)』には「侍トハ開発領主ノコト也(なり)」とあるように、一族郎従(ろうじゅう)を率いて開墾と農業経営に従事していた。彼らは鎌倉幕府の成立によって、御家人(ごけにん)やそれに準ずる非御家人の社会的身分とされ、凡下(ぼんげ)と称されたそれ以下の郎従、雑人(ぞうにん)、名主(みょうしゅ)、百姓、職人、商人などと区別されるようになっていった。下級ではあったが朝廷の官位につき、名字を号した。また、服装の面では綾(あや)などを用いることや、烏帽子(えぼし)の着用、鎌倉中での帯刀を許されていた。犯罪の嫌疑をかけられたときは、拷問を受けず、刑罰も所領没収などの財産刑が一般的であり、禁獄あるいは直接肉体に苦痛や損傷を受ける体刑が科されないことになっていた。これらの特権は、古代の律令(りつりょう)の系譜を引く公家(くげ)法や京都の貴族の考え方を受け継いだところが多い。とくに、官位の問題は、中世の身分制度上ばかりでなく、中世の天皇制を考察するうえでも重要であると指摘されている。鎌倉時代中ごろには、従来からの侍、凡下という身分差別を破り、上昇を求める郎従などの侍に準じた侍品(さぶらいぼん)がしだいに増加した。近世幕藩体制下においては、幕臣では御目見(おめみえ)以上、すなわち旗本(はたもと)をよび、諸藩では、中小姓(ちゅうこしょう)以上の者が侍とされた。[川島茂裕]
『石井進著『日本の歴史12 中世武士団』(1974・小学館) ▽永原慶二著『日本中世の社会と国家』(1982・日本放送出版協会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じ【侍】
〘名〙 令制で、篤疾者または八〇歳以上の高齢者の世話をするために官より給せられた人。雑徭(ぞうよう)を免ぜられた。
※続日本紀‐慶雲四年(707)七月壬子「給侍高年百歳以上、賜籾二斛

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じ‐・す【侍】
〘自サ変〙 ⇒じする(侍)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じ‐・する【侍】
〘自サ変〙 じ・す 〘自サ変〙 高貴な人や目上の人のそば近くに仕える。はべる。
※史記抄(1477)三「いつもまつそばに侍するほどに」
※こゝろ(1914)〈夏目漱石〉上「彼等の席に侍(ジ)するのを心苦しく感じてゐた」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はべ・り【侍】
〘自ラ変〙 (「這(は)ひあり」の変化したものという) 這いつくばる動作を表わすところから、絶対者の支配下・恩恵下に存在させていただく、さらに、絶対者・尊者のおそばにいさせていただくという敬語性を帯びるように発展したものか。なお、「はんべり」の語形のものもある。
[一]
① 人や物の存在するのを、天皇や神仏など、絶対者の支配のもとにあるという意識で表現する。(絶対者の支配のもとに)あらせていただいている、つつしんで存在する。
※書紀(720)推古一六年六月(岩崎本訓)「餝船(かざりふね)卅艘を以て、客等を江口に迎へて、新館に安置(ハヘラシム)
※続日本紀‐天平神護二年(766)一〇月二〇日・宣命「如来の尊き大御舎利は〈略〉謹み礼(ゐや)まひ仕へ奉りつつ侍(はべリ)
② 特に、貴人・支配者のそば近くにあらせていただく。つつしんで貴人のおそばにいる。
※書紀(720)用明二年四月(図書寮本訓)「天皇〈略〉宮(とつみや)に還入(かへりおはします)。群臣侍(ハヘリ)
※延喜式(927)祝詞(九条家本訓)「集侍(うごなはりハヘル)親王諸王諸臣百官の人等」
③ 対話敬語として、尊者に対するかしこまり改まった表現(会話、消息、勅撰集などの詞書を含む)に用いる。①の「侍り」の支配者に対する敬意が聞き手に移り、「あなたさまのおかげであらせていただく」の気持から、広く「ある」「いる」の意をへりくだり、また、丁重にいう語となったものか。
(イ) 貴人のそばや貴所にいるの意の場合。一説に(ロ)と同義で、ただ存在する場所が貴所にすぎないともいう。
※古今(905‐914)離別・三九七・詞書「かむなりの壺に召したりける日〈略〉夕さりまで侍てまかりいでけるをりに」
※枕(10C終)五六「御前のかたにむかひて、うしろざまに、誰々か侍ると問ふこそをかしけれ」
(ロ) 自己または自己側のものの存在を、聞き手に対し、へりくだる気持をこめて丁重にいう場合。
※古今(905‐914)恋二・五八八・詞書「やまとに侍ける人につかはしける」
※源氏(1001‐14頃)桐壺「いともかしこきはおきどころも侍らず」
(ハ) 広く一般に、存在の意(「あり」「おり」)を丁重にいうのに用い、いい方を改まったものにする場合。通常、丁寧語といわれる。→語誌(2)。
※多武峰少将物語(10C中)「女ぎみ『法師にならんと侍は、我をいとひ給なめり』とて」
※大鏡(12C前)一「昔物語して、このおはさふ人々に、さはいにしへはかくこそ侍りけれと聞かせ奉らむ」
④ 地の文に用いて、あるものの存在を、自己の経験したこと、知っていることとして、つつしみ深く表わす。読者を予想した表現ともいわれ、特に、中世に多いこの用法は、一種の雅語的用法であるともいわれる。
※源氏(1001‐14頃)関屋「守も〈略〉あいなのさかしらや、などぞはべるめる」
※徒然草(1331頃)一一「神無月の比、栗栖野といふ所を過ぎて、ある山里にたづね入ること侍りしに」
[二] 補助動詞として用いる。
① (一)③の場面で用いる対話敬語。
(イ) 形容詞・形容動詞の連用形、体言に断定の助動詞の連用形「に」の付いたものに付いて、叙述の意を添える「あり」を、へりくだり改まる気持をこめて表現したり、また、単に丁重に表現したりする。後者の場合は丁寧語ともされる。…(で)あります。…(で)ございます。
※古今(905‐914)恋四・七四〇・詞書「中納言源ののぼるの朝臣のあふみのすけに侍けるとき」
※枕(10C終)八「姫宮の御前の物は、例のやうにては、にくげにさぶらはん〈略〉ちうせい高杯などこそよく侍らめ」
(ロ) 動詞の連用形(または、それに助詞「て」の付いたもの)に付いて、その動作の存続を表わす「(て)あり」の意を丁重に表現したり、また、単にその動作を丁重に表現したりする。…ております。…ます。多く、自己または自己側の動作を表わす動詞に付いて、へりくだる気持がこめられるが、一般的に第三者の動作に用いることもあり、この場合は丁寧語ともされる。→語誌(3)。
※竹取(9C末‐10C初)「おのが身は、此国に生れて侍らばこそ使ひ給はめ」
※大鏡(12C前)一「かかればこそ、昔の人は、もの言はまほしくなれば、穴を掘りてはいひ入れ侍りけめと、おぼえ侍り」
② (一)④のものの補助動詞用法として、地の文に用いる。動詞などに付いて、その表現に丁重さを加える。自己の経験や感想をつつしみ深く表わす場合に多く用いられるが、この用法は中古には特殊で、中世以降の擬古文に多くみられる。
※紫式部日記(1010頃か)寛弘五年秋「物語にほめたる男の心地し侍しか」
※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)平泉「笠打ち敷て、時のうつるまで泪を落し侍りぬ」
[語誌](1)活用はラ変であるが、後世はラ行四段化した。「法華義疏長保四年点」に「侍れり」とあり、「今昔‐一九」に「事の外に侍れりけり」とあるなど、完了の助動詞「り」の付いたものがあることから、このころ四段化しはじめていたのだろうとする説がある。なお、現代語でも「はべる」の形で用いられることがある。→侍る
(2)((一)③(ハ) について) 中古の「侍り」は原則として敬うべき聞き手側のものについては用いられない点で、後の丁寧語「さぶらう」「そうろう」や「ございます」とは異なる。当時にも、「蜻蛉‐下」の「な死にそと仰せはべりしは」、「枕‐八」の「よしよしまた仰せられかくる事もぞ侍る」、「源氏‐若紫」の「一日召し侍りしにやおはしますらむ」などのように聞き手側の事柄に用いた用例もあるが、これらは、その事柄が「わが身に侍り」の気持であり、時には「あっていただく」「あってくださる」の意にも解せられるとする説がある。なお、(一)③(ハ) の「多武峰少将物語」の例や前記諸例の「仰せはべり」「召しはべり」などを、ある動作が存在するの気持から生じた尊敬表現(「御感あり」など)の「あり」を丁寧に表現するものとみる説もある。
(3)((二)①(ロ)について) 動詞に付く補助動詞の場合にも、中古では、原則として尊敬すべき人の動作に用いた例はみられず、一般的な、丁寧語とみられるものも、その動作を自己の主観として表現する気持のこめられることが多い。なお、中世の擬古文における文章語では、会話文・地の文を通じて、尊敬語とともに用いた例がみられる。「撰集抄‐五」の「小倉のふもとに行ひすましておはし侍りとうけたまはり侍りしかば」や、「徒然草‐二一五」の「心よく数献に及びて、興にいられ侍りき」など。
(4)中世になると「はべり」は古風な語として形式化し、「平家」では、わずか三例が、過去の老翁、弘法大師の霊、異邦人の霊という特殊な存在の会話に用いられているに過ぎない。近世の俳文の「侍り」については、直接には連歌師の文章の伝統を受け継いだものとする説がある。
(5)伝聞の助動詞「なり」や、推量の助動詞「めり」などの付く場合には、「はべなり」「はべめり」となることがある。「はべんなり」「はべんめり」の撥音「ん」の無表記と考えられる。「蜻蛉‐下」の「不定なることどももはべめれば」や、「源氏‐帚木」の「かやうなる際(きは)は際とこそはべなれ」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はべ・る【侍】
〘自ラ五(四)〙 (動詞「はべり(侍)」の意味が変化して後世に残ったもの) (目上の人のそばや宴席などに)世話をしたり、指示を受けて動いたりするためにつき従っている。かしこまってある席などにいる。はんべる。
人情本・貞操婦女八賢誌(1834‐48頃)五「お有女と烏羽玉を、右と左に侍(ハベ)らせつ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はんべ・り【侍】
〘自ラ変〙 (「はむべり」とも表記。「はべり(侍)」の「べ」の前に、鼻音「む」のはいってできた語形か。→語誌)
[一]
① =はべり(侍)(一)①
※書紀(720)允恭八年二月(図書寮本訓)「是夕(こよひ)衣通郎姫、天皇を恋(しのひ)たてまつって、独り居(ハムヘリ)
② =はべり(侍)(一)②
※書紀(720)雄略一二年一〇月(図書寮本訓)「時に秦の酒の公、侍坐(オホトニハムヘリ)
③ =はべり(侍)(一)③
※竹取(9C末‐10C初)「此のめのわらはは、たえて宮仕へつかうまつるべくもあらずはんべるを」
④ =はべり(侍)(一)④
御伽草子・一寸法師(室町末)「津の国難波の里に、おうぢとうばと侍(ハンベ)り」
[二] 補助動詞として用いる。
① =はべり(侍)(二)①
※源氏(1001‐14頃)蓬生「むつび聞こえさせんもはばかること多くすぐしはむべるを」
② =はべり(侍)(二)②
※御伽草子・文正草子(室町末)「塩焼の文正と申す者にてぞはんべりける」
[語誌](1)成立については、「はべり」が「はひ(這)あり」から変化したものとすれば、その変化の過程で、実際には「べ」の前に鼻音mのはいっていたのが、「はべり」とも「はむ(ん)べり」とも表記されたもののようにも考えられる。
(2)訓点資料に多く見られるが、訓点資料の表音性から、「はべり」よりも「はんべり」の方が一般的であったとも推測される。中世末期においても、「ロドリゲス日本小文典」に、「文書体」の「過去形に用いられる助辞」として、「にけり」「にたり」などとともに「nifamberi(ニハンベリ)」をあげ、「日葡辞書」で、「はべり」は載せないが、文書語として「Fanberi(ハンベリ)」を載せている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はんべ・る【侍】
〘自ラ四〙 (動詞「はんべり(侍)」の意味が変わって後世に残ったもの)
※不如帰(1898‐99)〈徳富蘆花〉上「遠(とほざ)けしにや、側に侍(ハンベ)る女もあらず」
② (貴人の前などにあるというところから) 俳句などを作って捧げる。
※歌舞伎・小袖曾我薊色縫(十六夜清心)(1859)三立「一句はんべってはどふでござる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

侍の関連情報

他サービスで検索

「侍」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.