Rakuten infoseek

辞書

侍読【ジトウ】

デジタル大辞泉

じ‐とう【侍読】
天皇東宮に仕え、学問を教授する学者。また、その職。後世侍講という。じどく。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じ‐どく【侍読】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

じどく【侍読】
〔「じとう」とも〕
侍講じこう」に同じ。 「春水は浅野家の世子-として屢しばしば江戸に往来した/伊沢蘭軒 鷗外

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じ‐とう【侍読】
〘名〙 =じどく(侍読)〔いろは字(1559)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じ‐どく【侍読】
〘名〙
① 天皇、東宮のそばに仕え、学問を教授する学者。また、その職。通常は博士、尚復(しょうふく)の二人で、七経の進講には明経博士、史書の進講には紀伝博士、群書治要の進講には明経・紀伝の両博士の中から選ばれたものがあたった。後世は侍講という。じとう。
※続日本紀‐延暦四年(785)一二月甲申「菅原宿禰古人男四人給衣粮学業。以其父侍読之労也」
② 主君のそば近く仕えて書を講ずること。また、その人。〔広益熟字典(1874)〕 〔新唐書‐百官志二〕
[補注]天皇の教授に任ぜられたのは吉備真備あたりからという。延喜頃には役職名として定着し、侍読奉仕の家として、菅原・紀・大江氏などの家格が踏襲された。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

侍読」の用語解説はコトバンクが提供しています。

侍読の関連情報

他サービスで検索

「侍読」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.