Rakuten infoseek

辞書

侍所【さむらいどころ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

侍所
さむらいどころ
の者の伺候する場所。転じて職名となった。 (1) 院および親王家,三位以上の摂関家などにおかれ,別当,年預,所司などの職員をおいた。 (2) 鎌倉室町幕府の職名。平時守護地頭御家人などを管轄し,非違検断し,罪人を処罰し,戦時には軍事を指揮した。長官を別当といい,和田義盛が初めて任じられた。室町幕府では,長官を所司または頭人と称し,赤松一色山名京極の4氏が交代でつとめたため,四職 (→三管四職 ) と称せられた。所司のもとに所司代がおかれた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さぶらい‐どころ〔さぶらひ‐〕【侍所】
平安時代、親王摂関公卿家などに仕え、その家の事務をつかさどった侍の詰め所。また、警護の武士の詰め所。さむらいどころ。
さむらいどころ23

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さむらい‐どころ〔さむらひ‐〕【侍所】
さぶらいどころ1
鎌倉幕府役所の一。御家人統制のため、治承4年(1180)設置。長官を別当と称し、初め和田義盛が任ぜられ、のち北条氏が世襲。さぶらいどころ。
室町幕府の役所の一。御家人の統制のほかに京中の市政、公武の所領、寺社領などのことを管掌。長官を所司と称し、山名赤松一色京極の四氏が交替で就任。さぶらいどころ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さむらいどころ【侍所】
当初は平安時代の公家邸宅従者である侍の詰める所,伺候する所。寝殿の主屋の周囲の廊の部分をいうこともあり,主殿に付属するものを内侍(うちさむらい),邸内に別にあるものを遠侍(とおざむらい)という。藤原道長の《御堂関白記》長和4年(1015)に,政所,侍所という場所の名称がすでに見える。この侍の詰所から転じて,家人(けにん)(従者)たる侍の組織,機構となった。
[公家の侍所]
 例えば1150年(久安6)近衛天皇女御の藤原多子家では,正四位の別当,正六位の侍所長のほか,五・六位の侍数名が任ぜられ,女御家侍所牒(ちよう)を発行して能登国から侍所用途料の布を徴収している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さぶらいどころ【侍所】
平安時代、院・親王家・摂関家などに仕える侍の詰め所で、その家の事務を取り扱った所。さむらいどころ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さむらいどころ【侍所】
鎌倉幕府の政治機関の一。1180年設置。御家人統制や検断沙汰(刑事訴訟)などをつかさどった。長官を別当という。さぶらいどころ。
室町幕府の政治機関の一。京都の警備や検断沙汰などをつかさどった。長官は所司といい、管領に次ぐ重要職で、山名・赤松・一色・京極の四家が交代で任ぜられた。さぶらいどころ。 → 四職ししき

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

侍所
さむらいどころ
「さぶらいどころ」ともいう。平安時代では親王・摂関・公卿(くぎょう)家に仕えて家務をつかさどった家人(けにん)らの伺候する所、また警護にあたった武士の詰所をいった。
 鎌倉幕府の開創とともに政務機関となり、1180年(治承4)和田義盛(よしもり)を長官である別当(べっとう)に、梶原景時(かじわらかげとき)を次官である所司(しょし)に任じて、御家人(ごけにん)の統制と鎌倉市中の警備にあたらせた。1213年(建保1)和田氏一族が滅びてのちは、別当は北条氏執権の兼務、所司は北条氏の家臣である長崎氏の世襲するところとなった。13世紀後半に至り、検断沙汰(けんだんざた)とよばれる刑事裁判機能をもつようになり、その実務は頭人(とうにん)(所司)に率いられた奉行人(ぶぎょうにん)が担当した。
 室町幕府も鎌倉幕府の制に倣い侍所を設けたが、別当は任じられず、所司が長官とされた。戦闘の際の戦功認定などを行う侍所所司は重職で、将軍の腹心の部将が任じられた。14世紀後半になると、それまで検非違使庁(けびいしちょう)が掌握していた京都市中の治安、警察、民事裁判などの権能を吸収し、一方、侍所所司が山城国守護職(やましろのくにしゅごしき)を兼務するのが例となって、侍所は京都の市政機関となった。15世紀になると、赤松(あかまつ)、京極(きょうごく)、一色(いっしき)、山名(やまな)の4家から交替で所司が任じられることになり、四職(ししき)とよばれた。
 なお江戸時代には侍所所司に系譜を引く京都所司代が京都の警衛にあたった。[桑山浩然]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さぶらい‐どころ さぶらひ‥【侍所】
〘名〙
① 平安時代、院・親王・摂関家などで、その家の事務をつかさどった所。また、その侍の詰所。主殿に近いものを内侍(うちさぶらい)、遠いものを遠侍(とおさぶらい)、その他、東侍、西侍、北侍、小侍、下侍などがある。さぶらい。
※貞信公記‐抄・延喜一九年(919)一〇月二四日「菊会、侍所有誦経事
② 鎌倉・室町幕府で、政所(まんどころ)・問注所とともにあった役所の名。鎌倉幕府では、守護・地頭を支配し、武士の進退や、罪人の処罰、宿衛扈従(こじゅう)の武士の選挙、また、戦時には軍務をつかさどった。その長官を別当(べっとう)という。室町幕府では、以上の仕事の他に宮中・幕府の警備、洛中の雑事の管理、公武の所領および寺社領などのことをつかさどった。その長官を所司(しょし)という。さむらいどころ。
※沙汰未練書(14C初)「侍所とは、関東検断沙汰所也」
③ ②の長官。
※太平記(14C後)三七「時の侍所なればとて、佐々木治部少輔高秀を摂津国へ差下さる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さむらい‐どころ さむらひ‥【侍所】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

侍所」の用語解説はコトバンクが提供しています。

侍所の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.