Rakuten infoseek

辞書

例ならず【レイナラズ】

デジタル大辞泉

例(れい)なら◦ず
いつもと違っている。
「―◦ず御格子(みかうし)まゐりて」〈・二九九〉
からだがいつもの調子でない。病気である。また、妊娠している。
「―◦ぬさまに悩ましくし給ふ事もありけり」〈・宿木〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

れいならず【例ならず】
いつもと違う。珍しい。 この女、-・ぬけしきを見て/宇津保 嵯峨院
体がふつうの状態ではない。病気や妊娠をいう。 - ・ぬ心地出できたり/平家 6

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

れい【例】 ならず
① ふつうと変わって、様子が違う。いつものようでない。
※宇津保(970‐999頃)嵯峨院「この女、れいならぬけしきをみていと心うしと思て」
② 身体がふつうの状態でない。気分が悪い。病気または妊娠などについていう。
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「あやしく、などか御様のれいならずおはします」
[補注]②は好ましくない状態を直接的にいうのを避けた婉曲表現。「宇津保」には、挙例以外に「ふれい重くすべかりし女人は」(藤原の君)のように「不例(ふれい)」も見られる。「不例」は「例ならず」の漢文表記を音読してできた語。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

例ならず」の用語解説はコトバンクが提供しています。

例ならずの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.