Rakuten infoseek

辞書

【さく】

盆栽用語集

培養の結果や仕上がり状態のこと。農作物と同じで、その年の天候・気象条件に大きく左右される。転じて「培養を続ける」意味もあり、「もう一作すれば良くなる」などと使われる。

出典:(株)近代出版
Copyright(C)2009 Kindai Shuppan co., ltd All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さ【作】[漢字項目]
さく

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さく【作】
作ること。また、作ったもの。文学・美術・音楽などの芸術作品についていうことが多い。作品。「会心の」「狩野探幽の障壁画」
耕作すること。また、農作物のできぐあい。「今年の稲のは上々だ」「平年
技巧。趣向。「に過ぎた俳句

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さく【作】[漢字項目]
[音]サク(呉)(漢) (呉)(漢) [訓]つくる なす
学習漢字]2年
〈サク〉
工夫して物をこしらえる。「作詞作者作成作品工作試作製作創作
こしらえた物。作品。「遺作傑作拙作名作三部作
なす。行う。「作為作戦
農産物をつくる。また、その成果。「作物(さくもつ)間作耕作米作豊作
おこす。盛んにする。「作興(さっこう)振作
美作(みまさか)国。「作州
〈サ〉
なす。行う。振る舞い。「作業作法作用所作操作動作無造作
起こる。「発作(ほっさ)
[名のり]あり・つくり・とも・なお・なり・ふか
[難読]作麼生(そもさん)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さく【作】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さく【作】
[1][2] 文学や美術工芸・音楽などの芸術的作品。 「『草枕』は漱石の-だ」
[0][2] 農産物のでき具合。 「今年の-は昨年を上回るだろう」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


さく
」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


さく
中国で手工業者とそのギルドのこと。手工業の分業過程を唐では作、作坊といい、官営工場に将作監(しょうさくかん)、八作司(はっさくし)があった。唐・宋(そう)の変革期に商業ギルドの行(こう)が自律性を増したのに応じて、こうした分業化した手工業組織も油作、木作、裁縫作、打紙作など手工業者ギルドをつくり、作分(さくぶん)といった。南宋(なんそう)では店舗を備えた手工業店舗組織のギルドも現れ、明(みん)末清(しん)初になると職人のみのギルドも生じた。しかしおおむね商人ギルドの下位に立った。[斯波義信]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さく【作】
〘名〙
① 作製すること。つくること。また、そのもの。こしらえ。作品。創作。また、人名の下につけてその人の作品であることを表わすのにも用いる。
※凌雲集(814)「御製廿二首 〈略〉和左大将軍藤冬嗣河陽作
※浮世草子・好色一代女(1686)三「其代には朝念ずる弘法大師の御作(サク)の如来を済す迄預置べし」
② (形動) 趣向、くふう。思いつき。また、趣向や工夫を凝らしたさま。
※山上宗二記(1588‐90)「惣別茶湯に作をすると云は、第一会席、又は暁客を呼歟、押懸て行か、第二に道具厳様」
※随筆・戴恩記(1644頃)下「そこの句は作はあれども、すみへゆかず。かやうの所をよくたしなみてこそ、よき連歌師とはいへ」
③ 耕作物。農作物。また、農作物のでき。作柄。
※日葡辞書(1603‐04)「コトシノ sacuga(サクガ) ヨイ」
④ 田畑を耕すこと。
野天満宮目代日記‐明応九年(1500)六月一七日「地蔵堂の前之畠事、能椿坊届候てさく仕候」
⑤ 小作。小作人。作人。
※高野山文書‐応永一五年(1408)一〇月二七日・志富田庄在家支配帳等「一、在家校合之当時分、壊屋欲免家輩、造意之趣、太以不然、地主作共可重科事」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さく‐・す【作】
〘他サ変〙 ⇒さくする(作)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さく‐・する【作】
〘他サ変〙 さく・す 〘他サ変〙 製作する。つくる。
※謡曲・金札(1384頃)「車を作る椎の木、舟を作する楊柳」
風姿花伝(1400‐02頃)五「その風を受けて、道のため、家のため、是を作するところ、わたくしあらむものか」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

作の関連情報

他サービスで検索

「作」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.