Rakuten infoseek

辞書

作用【サヨウ】

デジタル大辞泉

さ‐よう【作用】
[名](スル)
他のものに力を及ぼして影響を与えること。また、その働き。「太陽熱は植物の生育に作用する」「薬の副作用」「相乗作用
生物が生存していくための心身の働き。「消化作用」「心理作用
二つの物体の間で、一方が他方に加えた力。
フッサール現象学で、なんらかの対象を志向する意識の働き

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さよう【作用 action】
一般に二つの物体の間に力が働いているとき,その力によって一方が他方に及ぼす影響,またはそれによって生ずる変動のことを作用という。広義には物体に限らず物質や波動の構成成分間,また物理現象のみならず化学反応現象に関しても,さらには心理現象や社会現象においても相互の間に働く力の結果という意味で作用という言葉が用いられる。物理現象としての作用が定量化されるためには,例えば物体間の距離の関数として力が具体的に表され,その力によって動かされる物体の運動法則(運動方程式)の中においてそれが定量的に示されることが必要となる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さよう【作用】
( 名 ) スル
他に力や影響を及ぼすこと。また、そのはたらき。 「触媒として-する」 「人体に及ぼす-」
心身のいとなみ。はたらき。 「消化-」 「心理-」
〘物〙
二つの物体の間に力がはたらいているとき、一方にはたらく力。他方にはたらく力は反作用という。
物体および場に及ぼされる種々のはたらき。化学作用・熱作用など。
エネルギーと時間との積に等しい次元をもち、最小作用の原理が適用される物理量。作用量。
〘哲〙 ブレンターノの心理学やフッサールの現象学で、意識の対象志向的なはたらきをいう。意識作用。心的作用。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さ‐よう【作用】
〘名〙
① (━する) あるものが他に影響を与えるようにはたらくこと。また、そのはたらき。〔文明本節用集(室町中)〕
※江戸繁昌記(1832‐36)五「些少の作用、何ぞ一字を惜まん。却て是れ仏法多子なし」
※坑夫(1908)〈夏目漱石〉「世の中には、妙な作用(サヨウ)を持ってる眼があるものだ」 〔景徳伝燈録〕
② 力学で、二つの物体間に両者の力が働きあうとき、その一方の力。〔工学字彙(1886)〕
ブレンターノの心理学およびフッサールの現象学で、意識作用がなにかの内容(対象)に向かっている場合の、意識の能動的な志向の働き。ノエシス。〔哲学字彙(1881)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

作用」の用語解説はコトバンクが提供しています。

作用の関連情報

他サービスで検索

「作用」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.