Rakuten infoseek

辞書

作歌【サッカ】

デジタル大辞泉

さっ‐か〔サク‐〕【作歌】
[名](スル)歌、特に短歌をつくること。また、その歌。「春を題材にして作歌する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

さっか【作歌】
( 名 ) スル
詩歌をつくること。また、その詩歌。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さく‐うた【作歌】
〘名〙 箏曲の山田流の初期に、新たに創作した琴歌を、他から採った琴歌と区別していう。山田検校作曲の「熊野(ゆや)」や「小督(こごう)」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さっ‐か サク‥【作歌】
〘名〙 詩歌や歌詞を作ること。また、その歌。
※万葉代匠記(初稿本)(1688頃)一「按するに、当集にては作歌詠歌御歌御制歌あるひはただ歌とのみいへり」
あらたま(1921)〈斎藤茂吉〉編集手記「少し活気があって作歌に熱中して居た」 〔書経‐益稷〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

作歌」の用語解説はコトバンクが提供しています。

作歌の関連情報

他サービスで検索

「作歌」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.