Rakuten infoseek

辞書

佗茶【わびちゃ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

佗茶
わびちゃ
茶道の一形式。「草庵」ともいう。室町時代末期に足利義政らの武家貴族の間で流行した書院茶に対し,村田珠光が創始し千利休が完成したといわれる茶の湯で,安土桃山時代に流行した。書院茶は書院造殿中にある美術品の鑑賞重点をおいたものであるが,佗茶は草庵風茶室で精神的な充足を求めるもので,特に簡素で静寂な境地を重視した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佗茶」の用語解説はコトバンクが提供しています。

佗茶の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.