Rakuten infoseek

辞書

何方【イズカタ】

デジタル大辞泉

いず‐かた〔いづ‐〕【何方】
[代]
不定称の指示代名詞。
㋐どちら。どこ。
「―に求め行かむ」〈伊勢・二一〉
㋑どれ。いずれ。
「―をも捨てじと心にとりもちては、一事も成るべからず」〈徒然・一八八〉
不定称の人代名詞。どなた。どちらさま。
「男も女も、―も、ただ同じ御心のうちに」〈堤・思はぬ方にとまりする少将

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いず‐ち〔いづ‐〕【方】
[代]不定称の指示代名詞。どっち。どこ。
「たらちしの母が目見ずておほほしく―向きてか我(あ)が別るらむ」〈・八八七〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ど‐ち【方】
[代]《「いづち」の音変化》不定称の指示代名詞。どっち。どちら。
「皆々―へおぢゃる」〈虎明狂・悪坊〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

どち‐ら【方】
[代]
不定称の指示代名詞。
㋐不明または不特定の方向・場所をさす。「何方へおいでですか」「お住まいは何方ですか」
㋑複数の中から一つだけを、限定しないまま、取り立ててさす。「何方がお好きですか」「何方とも言えません」「私には何方も必要です」
不定称の人代名詞。
㋐(多く「どちらさま」の形で)不明または不特定の人をさす。「失礼ですが、何方さまですか」「何方さまもお忘れ物のないように願います」
㋑複数の中から一人だけを、限定しないまま、取り立ててさす。「何方がお姉様ですか」「テニスをなさるのは何方ですか」「何方も存じ上げません」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

どっ‐ち【方】
[代]《「どち」の促音添加》
不定称の指示代名詞。「どちら」よりもややくだけた感じの語。
㋐「どちら1㋐」に同じ。「交番は何方ですか」
㋑「どちら1㋑」に同じ。「何方でもいい方を買ってやるよ」
不定称の人代名詞。「どちら2㋑」に同じ。「何方が年上ですか」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ど‐な‐た【方】
[代]
不定称の人代名詞。「だれ」の意の尊敬語。「あの方は何方ですか」「何方かおいででしょうか」
不定称の指示代名詞。どの方向。どちら。
「―へ参らうずると」〈虎明狂・東西迷〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

いずかた【何方】
( 代 )
不定称の指示代名詞。どちらの方向。どちら。 「立て並べつる車ども、所なく並みゐつる人も、-へか行きつらん/徒然 137
不定称の人代名詞。どなた。 「かかればとて、-も思ひのおろかに忘るる隙こそ有がたけれど/浜松中納言 4

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いずち【何方】
( 代 )
不定称の指示代名詞。どちらの方角。どちらの場所。どっち。どこ。 「たらちしの母が目見ずておほほしく-向きてか我が別るらむ/万葉集 887」 〔上代・中古には、「へ」や「に」を伴わずに副詞的にも用いた〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

どち【何方】
( 代 )
〔「いづち」の転〕
不定称の指示代名詞。
不特定の場所、方角などを示す。どちら。どっち。 「人体なべて-つかずなれば、正体なき風体になる事あり/拾玉得花」
複数、特に二つのものの中から、限定しないままそのうちの一つを取り立てて指し示す。どちら。 「御内とは、-が少く、-が長じたぞと云心なり/史記抄 5

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

どちら【何方】
( 代 )
不定称の指示代名詞。「どっち」より丁寧な言い方。
不特定の方向・場所などを指し示す。 「西は-ですか」 「 -へお出かけですか」 「 -にお住まいですか」 「お勤めは-ですか」
複数、特に二つのものの中から何か一つを選ぶとき、限定しないままそのうちの一つを取り立てて指す。 「コーヒーと紅茶と-になさいますか」 「 -でも結構です」
不定称の人代名詞。
(多く「どちらさま」の形で)どなたさま。「だれ」より敬意が高い。 「 -さまでいらっしゃいますか」 「 -さまももう少しお待ち下さい」
を人について用いる。どのかた。 「 -がお兄さんですか」 〔 で、その中から何か一つまたは一人を選ぶことが困難なときは、助詞「も」を添えた「どちらも」の形で、複数のものを一括して指し示す。「-もいりません」「-も優秀な生徒です」〕
[句項目] 何方かと言えば

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

どっち【何方】
( 代 )
〔「どち」の転〕
不定称の指示代名詞。
「どちら」のくだけた言い方。 「 -へ行ってもよさそうだ」
「どちら」のくだけた言い方。 「京都と大阪の-に住もうか」 「 -でもいい」
不定称の人代名詞。「どちら」のくだけた言い方。 「 -が姉で-が妹かわからない」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

どなた【何方】
( 代 )
不定称の人代名詞。「だれ」の意の尊敬語。 「お客様は-ですか」 「あの方は-様でしょう」
不定称の指示代名詞。不特定の方向を指す。どの方角。どちら。 「こりゃ、-から御ざりました/狂言記・吟聟」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いず‐かた いづ‥【何方】
〘代名〙 不定称
① 方向を表わす。どの方向。どら。どっち。
※伊勢物語(10C前)二一「いづかたに求め行かむと、門(かど)に出でて、と見かう見みけれど」
② 事物を表わす。なに。どれ。
※源氏(1001‐14頃)藤袴「いづかたのゆゑとなむ、えおぼし分かざめりし」
③ 場所を表わす。どこ。
※徒然草(1331頃)九五「箱のくりかたに緒を付くる事、いづかたに付け侍るべきぞ」
④ 人を表わす。どなた。どちらさま。
※源氏(1001‐14頃)浮舟「いづかたもいづかたも、ことごとしかるべき官(つかさ)ながら」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いず‐ち いづ‥【何方】
〘代名〙 (「ち」は場所を示す接尾語) 不定称。不定の方向、場所を表わす。
※万葉(8C後)五・八八七「たらちしの母が目見ずておほほしく伊豆知(イヅチ)向きてかあが別るらむ」
※平家(13C前)一一「尼ぜ、われをばいづちへ具してゆかんとするぞ」
[補注]上代には「いづく」が不定の場所、「いづち」が不定の方向という使い分けがなされていた。上代、平安期を通じて第一例のように助詞を伴わずにそのままで副詞的に使われる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いずれも‐がた いづれも‥【何方】
〘代名〙
近世語他称複数の上位者を指す。
② 近世語。対称。複数の上位者を指す。
※歌舞伎・幼稚子敵討(1753)二「ヤ、今日はいづれも方の幸(さいはひ)の参会でござる」
[補注]「いずれもさま」と同じとする説もあるが、「いずれもがた」の方が敬意が軽いと考えられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ど‐ち【何方】
〘代名〙 (「いづち」の変化したもの) 不定称。
① 不特定の場所、方角を示す。どちら。どっち。
※名語記(1275)三「人をどちゆくぞととへる、どち、如。これは、いづちといふが、どちとなる也」
② 複数のもの、特に二つの中から、限定しないままそのうちの一つをとりたててさす。どちら。
※史記抄(1477)六「御内とは、どちが少く、どちが長じたぞと云心なり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

どち‐ら【何方】
〘代名〙 不定称。
① 不特定の場所、方角を示す。どち。
浄瑠璃・女殺油地獄(1721)上「かう行けば野崎、大坂はどちらやら方角がない」
※人情本・春色梅児誉美(1832‐33)四「ハイどちらからお出なさいました」
② 不特定の人を示す。「たれ(誰)」に相当する丁寧な言い方。
※狂言記・粟田口(1660)「上京にあね、下京に妹をもって御ざるがどちらにもめな子が御ざるによって」
※歌舞伎・お染久松色読販(1813)序幕「『これこれ、隣の座敷はどこの客じゃ』『どちらでござりますか、私は存ませぬ』」
③ 複数のもの、特に二つの中から、限定しないまま、そのうちの一つをとりたててさす。どち。
※浄瑠璃・淀鯉出世滝徳(1709頃)上「どちらへ似ても蛇の子孫」
※宝の山(1891)〈川上眉山〉一「『何方(ドチラ)が空樽』と尋ぬれば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

どっ‐ち【何方】
〘代名〙 (「どち(何方)」の変化した語) 不定称。多く、複数のものの中からの選択を示す。「どちら」よりくだけたいい方。
① 場所、方角など、いくつかの中の一つをさす場合。
※雑兵物語(1683)下「鑓担はどっちへつんぬけたかかいくれ見へない」
② 二つの事物や人物からの選択を示す場合。
※巨海代抄(1586‐99)上「どっちが本源共どっちが末派共難分」
※みごとな女(1934)〈森本薫〉「それに頭も悪くない、どっちかといえば優秀です」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

どっち‐ら【何方】
〘代名〙 「どちら(何方)」の変化した語。
※俳諧・広原海(1703)一「離魂病(かげやみ)の妻どっちらも去うやら〈翠簾〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ど‐な‐た【何方】
〘代名〙 不定称。
① 方角をさす。どちら。
※保元(1220頃か)上「是れは何れの国よりどなたへ参ずる人ぞ」
② 人をさす。「だれ」の意の尊敬語。
※虎明本狂言・悪坊(室町末‐近世初)「どなたでござるぞといふていづる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

何方」の用語解説はコトバンクが提供しています。

何方の関連情報

他サービスで検索

「何方」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.