Rakuten infoseek

辞書

何事【ナニゴト】

デジタル大辞泉

なに‐ごと【何事】
どのような事柄。どんなこと。「何事によらず命令に従う」「突然の銃声は何事か」
(多く「も」を伴って)あらゆること。万事。「何事も辞さない」「何事も運を天にまかせる」
(相手をとがめる気持ちで)どうしたこと。なんということ。「こんなことで弱音を吐くとは何事だ」
不定の事柄をさしていう語。なになに。
「―の式といふ事は、後嵯峨の御代までは言はざりけるを」〈徒然・一六九〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

なにごと【何事】
どのような事柄。どんなこと。 「 -が起こったのか」 「精神一到-か成らざらん」
すべてのこと。万事。 「 -も辛抱が大事だ」 「 -によらず相談する」
どうしたこと。何ということ。とがめだてするときなどに用いる。 「その醜態は-だ」
不定の事柄をさす。なになに。 「 -の式といふ事は/徒然 169

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

なに‐ごと【何事】
〘名〙
① どのような事柄。どんなこと。
※万葉(8C後)一〇・二〇三六「吾が待ちし秋は来たりぬ妹と吾れと何事(なにごと)あれそ紐解かざらむ」
② (「も」を伴って) あらゆる事柄。万事。すべてのこと。
※伊勢物語(10C前)一一六「なにごともみなよくなりにけり」
③ 何としたことかと、とがめる意で用いる語。どうしたこと。いかなること。
※落窪(10C後)一「こはなに事ぞ」
④ 不定の事柄をさしていう語。何々。
※徒然草(1331頃)一六九「何事の式といふ事は、後嵯峨の御代までは言はざりけるを」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

何事」の用語解説はコトバンクが提供しています。

何事の関連情報

他サービスで検索

「何事」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.