Rakuten infoseek

辞書

体重【たいじゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

体重
たいじゅう
体の重さ。体重計で測定する。単位として kgまたはポンドを用いることが多い。重は1日の間にも変動がみられ,食物摂取,排泄などの条件により変化する。新生児の平均値はほぼ 3kgであり,一般にこれから大きくはずれた値をとる個体ほど幼児期の死亡率が高くなる。体重は成長に伴い増加するが,特に生後1~2年と 12~16歳の時期に急速に増加する。身長の増加とは必ずしも並行せず,伸長期 (身長が増加) と充実期 (体重が増加) とに分けて考える場合がある。体重の増減は健康状態のバロメータとして利用されることが多い。体重と体表面積との関係は気候への適応と結びつけて考えられている。一般に暑い地方の人種,民族ほど体重に対し体表面積が大 (やせて背が高い) で,寒冷地の人は体重に対する体表面積が小 (太って丸型) である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たい‐じゅう〔‐ヂユウ〕【体重】
からだの重さ。からだの目方。「片足体重をかける」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

体重
 体の重量

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たいじゅう【体重 body weight】
身体の重量。発育の程度や疾病の有無,体力や栄養状態を知るうえで重要な指標とされる。発育に伴う体重の増加は乳児期に最も著しく,生後約1年で3倍近くとなる。その後,ゆるやかに増加し,10~15歳の思春期で再び大きく増加し,16~18歳でほぼ一定となる。近年,肥満成人病などとの関連から,身長と体重の相互関係について注目されている。種々の体位の計測値を組み合わせて,一つの指数として表したものを体格指数というが,身長と体重との関係を表したものにはローレル指数カウプ指数などいくつかのものがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たいじゅう【体重】
体の重さ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たい‐じゅう ‥ヂュウ【体重】
〘名〙 からだの重さ。
※筆まかせ(1884‐92)〈正岡子規〉三「身長 五尺四寸一分〈略〉体重 十四貫」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

体重」の用語解説はコトバンクが提供しています。

体重の関連情報

他サービスで検索

「体重」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.