Rakuten infoseek

辞書

体言【たいげん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

体言
たいげん
日本語文法の用語。名詞代名詞数詞の総称。これらはみな,活用なく,文の主語になりうるという性質をもつ。また,普通には単独では文の言い切りに用いられないし,時の名詞 (今日,本来など) や数詞 (1つ,2人など) が単独で連用修飾の働きをもつことを除けば,単独で次に続くことは少い。もっとも,和歌の体言止めのように,文体的効果をねらって体言で言い切ることはある。 (→用言 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たい‐げん【体言】
単語を文法上の性質から分類したものの一。自立語の中で、活用がなく、主語となることのできるもの。品詞より上位の概念を表すために用いられ、一般に名詞代名詞の2品詞に細分される。なお、学説により、名詞・代名詞・数詞の3品詞に細分することもあり、また、形容動詞を認めずに、その語幹に相当するものを体言に含めることもある。⇔用言

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たいげん【体言】
日本語において,単独に文節をなしうる単語(自立語)の中の一つの類。活用のない点で用言に対し,構文上の格が一定でなくとくに呼格または主格に立ちうる点で副詞,連体詞,接続詞,感動詞に対する。いわゆる名詞,代名詞,数詞がこれにあたる。名詞と数詞とのあるものは,形容詞・形容動詞の語幹を独立させて体言に入れる説もある。用言または活用連語の連体形には,とくに文語で体言に準ずる用法がある。また,〈こと〉〈もの〉〈やつ〉などが連体形をうけて全体を体言化する形式的役割を果たすとき,形式体言と呼ばれる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たいげん【体言】
〘文法〙 単語の一類。自立語の中で活用がなく、主語となりうるもの。名詞・代名詞の類。なお、形容動詞の語幹などを含める説もある。 ⇔ 用言

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

体言
たいげん
日本文法の用語で、「用言」などとともに、いわゆる品詞より上位の概念を表すために用いられる。たとえば、学校文法の理論的背景をなす橋本進吉の文法論では、「詞(し)(=自立語)」を大きく「用言・体言・副用言・感動詞」に分ける。なお、橋本によれば、「体言」には、いわゆる「名詞・代名詞・数詞」が含まれるが、それらの別は語義の相違によるもので、職能には差がないから、区別する必要がないとされる。「体言」は、意味的には実体概念を表し、職能的には主格・目的格などにたつことができ、形態的には語形変化(活用)をしないという特徴をもつが、そのうちのいずれを重視するかによって、体言の中身が変わることがある。たとえば、「副詞」は、橋本文法では「副用言」に分類されるが、語形変化をしないという点から、「体言」の一種とみなされることがある。[山口佳紀]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たい‐げん【体言】
〘名〙 自立語の中で、活用がなく、主語となり得るもの。用言と並で、各品詞よりも上位の概念とされる。下位分類として、名詞・代名詞・数詞の三品詞を認めるのが一般である。学者によって、その文法観の違いで、定義およびこれに属する語に大きな揺れがある。
※玉能緒繰分(1851)波ノ巻「躰言用言ともに、凡其詞は玉緒の序弁の如く」 〔広日本文典(1897)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

体言」の用語解説はコトバンクが提供しています。

体言の関連情報

他サービスで検索

「体言」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.