Rakuten infoseek

辞書

体言止(め)【タイゲンドメ】

デジタル大辞泉

たいげん‐どめ【体言止(め)】
和歌・俳諧などで、最後の句を体言で終わらせること。余韻余情を生じさせる効果がある。「春過ぎて夏来にけらし白妙の衣干すてふ天(あま)の香具山(かぐやま)」〈新古今・夏〉の類。名詞止め。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たいげん‐どめ【体言止】
〘名〙
① 短歌の第五句を体言で言い切る修辞法。「人住まぬ不破の関屋の板廂あれにし後は唯秋の風」の類。「本歌取り」「三句切れ」とともに、新古今集的修辞法の代表的なものとされる。また、俳諧で、最後の句を体言で終わらせることにもいう。
国文学史十講(1899)〈芳賀矢一〉六「いはゆる体言どめといふ句が大変多い」
② 一般に、文の末尾に体言を置くこと。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

体言止(め)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

体言止(め)の関連情報

他サービスで検索

「体言止(め)」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.