Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

佐野次郎左衛門【サノジロウザエモン】

デジタル大辞泉

さの‐じろうざえもん〔‐ジラウザヱモン〕【佐野次郎左衛門】
江戸中期の下野(しもつけ)佐野の農民享保(1716~1736)のころ、江戸吉原の遊女八橋(やつはし)を恨み、八橋ほか多くの人を斬った。この事件は吉原百人斬りといわれ、歌舞伎化された。特に「籠釣瓶花街酔醒(かごつるべさとのえいざめ)」が有名。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

佐野次郎左衛門 さの-じろうざえもん
?-? 江戸時代中期の農民。
下野(しもつけ)(栃木県)佐野豪農。享保(きょうほう)(1716-36)のころ,江戸吉原の遊女八ツ橋にふられて斬り殺し,その他大勢の人を殺傷した(吉原百人斬り)という。事件は講談,歌舞伎でとりあげられ,歌舞伎脚本としては,「杜若艶色紫(かきつばたいろもえどぞめ)」「籠釣瓶花街酔醒(かごつるべさとのえいざめ)」が有名。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

さのじろうざえもん【佐野次郎左衛門】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

佐野次郎左衛門
さのじろざえもん

講談、歌舞伎(かぶき)で知られる「吉原百人斬(ぎ)り」事件の主人公。享保(きょうほう)年間(1716~36)野州(栃木県)の百姓佐野次郎左衛門が江戸吉原の遊女兵庫屋八ツ橋に通い詰めて振られ、八ツ橋はじめ大ぜいを斬り殺したというのが通説。事件の年代や内容などに異説があるが、歌舞伎脚本に多く扱われ、4世鶴屋南北(つるやなんぼく)作『杜若艶色紫(かきつばたいろもえどぞめ)』、3世河竹新七作『籠釣瓶花街酔醒(かごつるべさとのえいざめ)』などが有名。

[松井俊諭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さの‐じろうざえもん【佐野次郎左衛門】
下野国(栃木県)佐野の農民。江戸吉原の遊女八橋を恨み、多くの人を殺害した事件で名高い。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さの‐じろうざえもん ‥ジラウザヱモン【佐野次郎左衛門】
[二] (一)の事件を脚色した歌舞伎脚本「籠釣瓶花街酔醒(かごつるべさとのえいざめ)」の俗称。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

佐野次郎左衛門
さのじろうざえもん
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
初演
明治28.3(東京・柳盛座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐野次郎左衛門」の用語解説はコトバンクが提供しています。

佐野次郎左衛門の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.