Rakuten infoseek

辞書

佐竹氏【さたけうじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

佐竹氏
さたけうじ
清和源氏の一支族。平安時代後期に源義光の孫昌義が常陸国久慈郡佐竹郷に土着して以後同国北部で勢力を有した。隆義の子秀義の代に鎌倉幕府に服属。戦国時代末期,義重が豊臣秀吉に服従して常陸国最有力の大名となった。関ヶ原戦いに義重の子義宣が西軍についたため,戦いののち出羽秋田移封され,幕末には義堯官軍につき,明治にいたって侯爵

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さたけうじ【佐竹氏】
常陸出身の中・近世武家清和源氏(図)。新羅三郎義光が兄義家に協力するため常陸介として下向し,子義業が久慈郡佐竹郷を領有,孫昌義が母方について土着し,奥七郡を支配して佐竹冠者とよばれるようになった。昌義の子と思われる義宗は下総国相馬御厨の預職に任命されている。源頼朝挙兵に当たっては,秀義が平氏担して頼朝包囲に加わったが,1180年(治承4)逆に頼朝によって金砂山に攻められ,奥州に敗走父祖の地を失った。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

佐竹氏
さたけうじ
中世常陸(ひたち)の豪族。源義光(みなもとのよしみつ)が常陸介(ひたちのすけ)となり、その孫昌義(まさよし)が母方に付して常陸久慈(くじ)郡佐竹郷(茨城県常陸太田市)に土着し、佐竹氏を称したのに始まる。昌義の次子隆義(たかよし)は、平家の恩顧を受けた関係から源頼朝(よりとも)に対抗して勢力を削減されたが、鎌倉幕府滅亡後、貞義(さだよし)・義篤(よしあつ)父子が足利(あしかが)氏に属し、常陸守護職(しゅごしき)に補任(ぶにん)されて勢力を回復。15世紀初頭、上杉憲定(うえすぎのりさだ)の子義憲(よしのり)が義盛(よしもり)の養嗣子(ようしし)となったが、佐竹支族山入(やまいり)氏らの反対を受け、以来100年にわたる佐竹、山入両氏の抗争が続いた。1504年(永正1)義舜(よしきよ)が岩城(いわき)氏の協力を得て山入氏義(うじよし)を打倒し、本拠太田城(常陸太田市)を奪還、常陸奥七郡統一の道を開き、義昭(よしあき)・義重(よししげ)父子の時代には大掾(だいじょう)・小田氏らを圧して常陸中南部、陸奥(むつ)南部に勢力を拡大したが、北条・伊達(だて)氏の進出によって後退を余儀なくされた。義宣(よしのぶ)のとき豊臣秀吉(とよとみひでよし)から54万石余を安堵(あんど)され、水戸へ移る。しかし1600年(慶長5)関ヶ原の戦いでは石田三成(いしだみつなり)方につき、1602年出羽(でわ)に転封、秋田(久保田)藩20万石を領し、幕末に至る。[市村高男]
『江原忠昭著・刊『中世東国大名常陸国佐竹氏』(1970) ▽塙作楽編『常陸の歴史』(1977・講談社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

佐竹氏
さたけし
中世,常陸 (ひたち) (茨城県)の大名
清和源氏。源義光の子孫が常陸国久慈郡佐竹郷に土着して佐竹氏を称した。南北朝時代に足利氏に従い,戦国時代には常陸から下野 (しもつけ) ・陸奥にも及ぶ北関東最大の大名として後北条氏と争った。のち豊臣秀吉に従い常陸に54万石余を領したが,関ケ原の戦いで上杉氏と結んで西軍に属し,出羽秋田20万石に転封され幕末に至った。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐竹氏」の用語解説はコトバンクが提供しています。

佐竹氏の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.