Rakuten infoseek

辞書

佐渡市【さど】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

佐渡〔市〕
さど
新潟県西部,日本海に浮かぶ佐渡島を占める市。2004年3月両津市,相川町,赤泊村,小木町,金井町,佐和田町,新穂村,畑野町,羽茂町,真野町の 1市 7町 2村が合体して発足。『日本書紀』にも記述がみられるなど古くから開発された。中世には遠流の地とされ順徳天皇日蓮世阿弥らが流された。近世初期には相川地区に佐渡鉱山が開発され,江戸幕府の直轄領となり発展した。大佐渡山地小佐渡丘陵に挟まれた国中平野は米作の中心地。その他野菜,果樹の栽培が行なわれる。海岸部では定置網・刺網漁業などの沿岸漁業,加茂湖ではカキの養殖が行なわれる。観光業も盛んで相川地区,両津地区は観光拠点。佐渡弥彦米山国定公園小佐渡県立自然公園に属する。国道350号線が通る。面積 855.61km2。人口 5万7255(2015)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さど‐し【佐渡市】
佐渡

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐渡市」の用語解説はコトバンクが提供しています。

佐渡市の関連情報

他サービスで検索

「佐渡市」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.