Rakuten infoseek

辞書

但馬【タジマ】

デジタル大辞泉

たじま〔たぢま〕【但馬】
旧国名の一。山陰道に属し、今の兵庫県北部にあたる。但州(たんしゅう)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション

たじま【但馬】
兵庫の日本酒。酒名は、兵庫県北部の旧地名で、但馬杜氏発祥の地「但馬」に由来。「天」は精米歩合48%で仕込む大吟醸酒。ほかに純米吟醸酒純米酒などがある。平成7、25、26年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は山田錦など。仕込み水は粟鹿山の伏流水蔵元の「此の友酒造」は元禄3年(1690)創業。所在地は朝来市山東町矢名瀬町。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

たじま【但馬】
旧国名の一。兵庫県北部に相当。但州たんしゆう

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たじま たぢま【但馬】
山陰道八か国の一つ。大化改新で一国となる。鎌倉・南北朝時代に多くの守護が任ぜられ、山名氏が豊臣秀吉にほろぼされてのち、江戸時代には杉原・小出・出石(いずし)などの小藩が分立。明治四年(一八七一)の廃藩置県で豊岡・出石・村岡の三県に分かれたが、まもなく豊岡県に統合され、同九年に兵庫県に編入された。但州。
※古事記(712)中「多遅麻(タヂマ)の国に到り」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

但馬 たじま

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

但馬」の用語解説はコトバンクが提供しています。

但馬の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.