Rakuten infoseek

辞書

伺候【サモライ】

デジタル大辞泉

さ‐もらい〔‐もらひ〕【伺候】
ようすをみること。
「風向けば波か立たむと―に都太(つだ)の細江に浦隠り居り」〈・九四五〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

し‐こう【伺候/×祗候】
[名](スル)
貴人のそばに奉仕すること。
目上の人のご機嫌伺いをすること。
「御無沙汰した御機嫌伺いに―して」〈鏡花・白鷺〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

し‐こう【伺候】
〘名〙
貴人のおそば近くに仕えること。
※金刀比羅本保元(1220頃か)上「関白殿はもとよりの御ことなれば、内裏に御しこうなり」
② 貴人のもとへ参上して御機嫌うかがいをすること。また、そば近く参上すること。
※源平盛衰記(14C前)一「去程に夢見て、七日と申夜は、内裏に(シコウ)したりけり」
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「御機嫌伺ひと号して課長殿の私邸へ伺候し」 〔韓愈‐送李愿帰盤谷序〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伺候」の用語解説はコトバンクが提供しています。

伺候の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.