Rakuten infoseek

辞書

伴造【とものみやつこ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

伴造
とものみやつこ
伴緒 (とものお) と同義語と思われる。大化改新前に皇室所有の部 (べ) ,すなわち品部 (ともべ) ,名代子代を率い,その職業によって朝廷奉仕した中央の中下層の豪族。その姓 (かばね) は (みやつこ) , (おびと) , (むらじ) が普通である。しかし,大伴物部両氏のように大連となって朝政を左右する豪族にまで発展したものもある。このような造のうち,有力なものは令制のもとにあって,一般貴族に名を連ね,他は令制の下級官人に編成され,律令諸官司の品部,雑戸を率いて,朝廷に奉仕するようになった。 (→伴部 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とも‐の‐みやつこ【造/部】
(伴造)大化前代職能をもって朝廷に仕えた伴(とも)を統率・管理した者。のちに部(べ)の制度が成立すると部の管理者と考えられるようになる。
(伴部)⇒伴部(ともべ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とものみやつこ【伴造】
大和朝廷を構成する諸氏族の首長をいう。〈ばんぞう〉ともいう。伴(とも)は〈友〉であると同時に〈〉をも味し,朝廷を代表する大王に奉仕・従属する集団を指すことばで,造はそのかしらの意。日本では,7世紀後半に律令制による国家が成立したが,それに先立つ5~6世紀を中心とした時代は,諸氏族に朝廷の職務を分担させる体制で運営された(氏姓制度)。 伴造は広義にはその氏族を轄する首長すべてを意味した。その場合には上位と下位2段階の伴造がふくまれる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ばんぞう【伴造】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とものみやつこ【伴造】
ともおよびその支配下の農民集団の統率・管理者。軍事に携わる大伴・物部もののべ、祭祀さいしに携わる中臣なかとみ・忌部いんべ、食膳の事に携わる膳かしわでなど。部民制創設により、本来伴である渡来技術者集団の統率者が、伴造として部を率いて上番する体制が作られ、旧来の伴がその支配下の農民集団とともに部に組織されるようになると、伴造は実質的には部の管理者とされるようになる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

伴造
とものみやつこ
大和(やまと)王権のもとで世襲的職掌をもって奉仕する「伴(とも)」集団を管掌する中央の首長をいう。その多くは中・下級の首長で、姓(かばね)は連(むらじ)、造(みやつこ)、首(おびと)などが中心を占める。トモは大王の従者(供(とも))であり、それら一団の人々(友・朋(とも))をも意味した。ミヤツコも本来は大王の身内的な従者(御家(みや)つ子(こ))をさしたが、身分差が生じて、伴造は「伴」集団を統率・管掌する首長クラスをいうようになった。[関 和彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

伴造
とものみやつこ
大化前代,中央の中小豪族
姓 (かばね) は首 (おびと) ・造 (みやつこ) ・連 (むらじ) が多い。大和政権や大王家の部民 (べのたみ) である品部 (ともべ) ・子代・名代の民を世襲的に統率。みずからも部民・田荘 (たどころ) を所有し,なかには大伴氏や物部 (もののべ) 氏のように大豪族に成長したものもある。忌部首 (いんべのおびと) ・錦織部連 (にしごりべのむらじ) などの職業を有する部民を統率。大化の改新以後,有力者は貴族となったが,多くは下級官人である伴部 (とものみやつこ) ( (ともべ) )となり品部 (しなべ) ・雑戸 (ざつこ) を率いた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伴造」の用語解説はコトバンクが提供しています。

伴造の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.