Rakuten infoseek

辞書

伴星【ばんせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

伴星
ばんせい
companion star
連星のうちで,明るいほうを主星と呼んでAで表わし,暗いほうを伴星と呼びBで表わす。三重連星では最も暗いものを第2伴星という。シリウスの伴星の観測は白色矮星と物質の縮退の発見の端緒となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ばん‐せい【伴星】
連星をなす二つ以上の恒星のうち、暗いほうの恒星。⇔主星

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ばんせい【伴星 companion】
一般には,連星をなす2個の星のうち暗いほうをいう。これに対して,明るいほうを主星principal starと呼ぶ。ただし,両星の質量が既知の場合には,質量の小さいほうを伴星,質量の大きいほうを主星ということもある。伴星には暗すぎてまったく見えないものもある。しかし,見えている星の固有運動が公転のために蛇行することから伴星の存在を推定できる。このような伴星を不可視伴星という。1862年に発見されたシリウスの伴星は白色矮星(わいせい)として有名である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ばんせい【伴星】
連星のうちで、一般に光度の暗い方の星。質量の大きい方の星をいう場合もある。 ⇔ 主星

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

伴星
ばんせい
連星を構成する星のうち主星でないもの。十分明るく観測できるものもあるが、主星の周期的な位置変化から連星であるとわかりながら、暗くて認められない伴星もある。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ばん‐せい【伴星】
〘名〙 重星を構成する星のうち、主星(最も明るい星)以外の星をいう。随星。
※好奇心(1948)〈荒正人〉「もとの太陽には伴星があったが」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伴星」の用語解説はコトバンクが提供しています。

伴星の関連情報

他サービスで検索

「伴星」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.