Rakuten infoseek

辞書

伯楽【ハクラク】

デジタル大辞泉

はくらく【伯楽】
《中国の天馬を守る星の名から》
中国周代の、馬を見分ける名人。姓は孫、名は陽。

馬の素質の良否をよく見分ける人。また、牛馬の病気を治す人。
人物を見抜き、その能力を引き出し育てるのがじょうずな人。「球界の名伯楽

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はくらく【伯楽】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

はくらく【伯楽】
○ 「荘子馬蹄」などにみえる、中国周代にいた馬の良否を見分ける名人の名。
馬の良否を良く見分ける人。また、馬や牛の病気を治す人。
人の資質・能力などを見抜く力のある人。また、その資質・能力を引き出すのに巧みな人。 「名-」 → ばくろう
[句項目] 伯楽の一顧を得る

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はく‐らく【伯楽】
[1]
[一] 古く中国の星の名。天馬を守る神という。
※俳諧・類船集(1676)波「(ハクラク)〈略〉伯楽は天の星の名也と古文の注には出たり」 〔星経〕
[二] 「荘子‐馬蹄」などに見える、中国春秋時代にいた馬を見分ける名人。姓は孫、名は陽で、秦の穆公に仕えたという。
※蕉堅藁(1403)題画「千里雄姿、未覊。世無伯楽、識者為誰」 〔韓愈‐雑説〕
[2] 〘名〙
① よく馬の良否を見分ける者。また、馬や牛の病気をなおす者。博労(ばくろう)。〔伊京集(室町)〕
② 転じて、人物を見ぬく眼力のある人。
閑談の閑談(1933)〈吉野作造〉四「滝田君は無理に私を論壇に引っ張り出した伯である」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伯楽」の用語解説はコトバンクが提供しています。

伯楽の関連情報

他サービスで検索

「伯楽」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.