Rakuten infoseek

辞書

伝達【デンタツ】

デジタル大辞泉

でん‐たつ【伝達】
[名](スル)
命令・意思・情報などを口頭または書類で相手に伝えること。「決定事項を伝達する」
生物学で、神経線維の興奮がシナプスを介してニューロン神経細胞)または筋肉分泌腺などに伝えられること。興奮伝達。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

でんたつ【伝達】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

でんたつ【伝達】
( 名 ) スル
命令・連絡事項などを取り次いで伝えること。 「命令を-する」
〘生〙 神経繊維の興奮が、シナプスを介してニューロンからニューロンへ、またはニューロンから筋細胞などへ伝わること。普通、一方向にのみ伝わる。興奮伝達。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

でん‐たつ【伝達】
〘名〙
① つぎつぎに伝え届けること。命令、指示、連絡事項などを口頭または書類で相手に伝えること。
東寺百合文書‐は・(年未詳)(室町)六月五日・伊勢貞固書状「此分御心得候て可預御伝達候」 〔春渚紀聞〕
生物学で、興奮が神経・筋肉の接合部を伝わること。アセチルコリンなどの化学的物質によって媒介されると考えられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伝達」の用語解説はコトバンクが提供しています。

伝達の関連情報

他サービスで検索

「伝達」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.