Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

伝爆薬【でんばくやく】

世界大百科事典 第2版

でんばくやく【伝爆薬 booster】
炸薬や爆破薬を確実に爆ごう()させるために用いる爆薬で,ブースターともいう。爆弾砲弾地雷などに装てん(塡)して炸裂させるための爆薬,つまり炸薬や,硝安油剤爆薬,ある種の含水爆薬のような爆破薬は雷管や起爆薬だけで確実に爆発させることは難しい。このために,起爆薬や雷管と衝撃に対して鈍感な爆薬との間に伝爆薬を介在させて,爆ごうの確実性を期する。炸薬の伝爆薬としてはテトリルペントリットを基材とした爆薬が使われ,硝安油剤爆薬の伝爆薬としてはダイナマイトや雷管1本で起爆できるキャップセンシティブ(雷管起爆性)含水爆薬などが使われる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

伝爆薬」の用語解説はコトバンクが提供しています。

伝爆薬の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.